≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マラリア対策に環境要素、特に気候をどう組み込んでいくのか?-パート2-

前回は、気候変動公衆衛生に影響を与えることは書きました。

今回は、それならば、東アフリカの政府は対策として何ができるのか、その対策の評価項目、および、政策が実施されるかどうかの決定要因について書いていこうかと思います。

見直しなしであげているので、誤字脱字も多く、読むに耐えられないレベルだと思いますが、これはあくまでも、メモですので・・・笑

------------------
エリトリアの適応策の事例
エチオピアから1993年に独立したエリトリアは、NAPA(国家適応行動計画)の中で、公衆保健分野においては、旱魃早期発見システムの構築、水供給の質の向上、危機管理能力の向上、ワクチンや保健施設の充実化をあげている。

評価方法・基準
このように、各国政府は適応策のための政策を策定しているのであるが、それが成功するにはどういった要素が必要かは、政策立案者の間でも同意が取れていない。

その点について、Adger(A)が興味深い(結論はそうでもないが)研究を行っている。

Adgerは、政策によって目標は異なり、また対象としている地域やタイムスパンも異なるので、その政策が成功したかどうか、また、将来成功するかどうかは、その異なる地域やタイムスパンを考慮しなければ分からないと言っているようです。(不確か。しかし、当たりやろ。)。

彼は、具体的には、効果性、効率性、公平性、法の遵守性(Legitimacy)を評価基準にするべきだと主張しています。しかしながら、その評価基準のどれに重きを置くべきなのかについては、固定値があるのではなく、その政策の計画実施段階において、その社会の利益集団の同意と意見合意過程において決定されるべきであると述べています。

まぁ、簡単に言うと、何が大切かは社会社会によって違うから、その社会の構成員に聞きましょうよ、ということだと思います。

(これまた、当たり前やろ・・・)

政策実施に影響を与える要素
しかしながら、実際に各国政府が気候変動の対策を行うか、もしくは行うことができるかどうかは、分からない。なぜかというと、天候のみならず、以下の8つの要素が複雑に込み合わさっているからだ(Conrad)。それらは、経済力、開発のステージ、地理、天然資源、市民社会の発展度合い、国内および国際社会の政治体制、気候変動リスクに対する認識度である。

--------------------

というわけで、次回は実際に気候がマラリアの発生にどのような影響を与え、どのような対策が世界で議論されているかについてみていきたいと思います。

参考文献
Neil Adger, W., N. Arnell, et al. (2005). "Successful adaptation to climate change across scales." Global Environmental Change 15(2): 77-86.

スポンサーサイト

| 気候変動 | 20時18分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【書籍紹介】アフリカの新書

アフリカ本を読みました!

著者は、広大時代のインターン先であるCICEのファミリーの一員、山田肖子(現名古屋大学准教授)さんです。ちなみに、CICEとは、教育開発国際協力研究センターのことです。

本書の構成は、第1部で編者によってアフリカの経済、政治、社会、文化についての概説が行われています。また、第1部は第2部のインタビューの話をもとにしているので、本書のエッセンスは第1部につまっているとも言えます。

しかし、第2部も捨てがたいです。というのも、11名に及ぶアフリカ研究者の思い、人生の歩みが綴られているからです。

評価
ちなみに今回から、書籍紹介は星を付けることにしました。

本書は、星3つ星中だと、☆☆です。

☆☆☆:絶対お勧め買うべし。僕もずっと持ち続けて、また読み返したい。
☆☆:気になるなら買いましょう。僕も手元においておくけれども、読み返すことはないかもしれないレベル。
☆:なんかいい本ないかなーと探しているなら買ってもいいかも。僕は、読んだ後に中古本として売ります。

ちなみに、気に入らなかった本はここでは紹介しません。時間の無駄だから。結構ダメ本は多いですけれど・・・

気になった点
中でも気にいった点をいくつか。


1つ目は、援助する側の善意が必ずしもよい結果をもたらさないという指摘をしている舩田・クラーセン・さやか東京外国語大学准教授。

彼女は大学院中にモザンビークでのPKOミッションに参加し、国連の限界を感じます。外部者と援助というものに潜む問題(彼女が言うところの「援助する側の論理」)を、市役所の阪神大震災のボランティア調整役として関わった経験から解き明かしています。

「ボランティアを含め、一般市民もまた、援助される側の受け入れ能力や気持ちを考慮することなく、とにかく「善意」に基づいてどんどん踏み込んでくる、(中略) たとえば役場の前に積み上げられた援助物資はその象徴です。全国から善意で送られてくるのですが、数・質・日持ちの点で配布できるような物資はごくわずかでした。」


2点目は、アフリカ諸国の政府の統治能力が低い原因として、土地所有の概念が広まっていないという事実でした。

つまり、農業や商業にしても、定住することなく、行政区分や国境をまたいで放牧や交易を重ねているので、政府の財政基盤は確立されず、また政府の統治の必要性も低いことになっているのです。結果として、政府の統治能力の低さにつながります。


3点目は、アフリカの農業の生産性が高まらない社会経済的理由についてです。

日本や西欧の経済思想からすれば、アフリカの農民が農業の生産性を上げないことは不思議でならなかったのですが、本書で明らかになりました。

アフリカ農業では単作により生産性を上げることよりも、混作や人間関係の構築によってリスク分散を図る農業形態が好まれるそうです。

つまり、単作であれば、ある一種の害虫が発生すると壊滅的な打撃を受けるのですが、混作であれば其々の作物につく害虫も多種多様でそれぞれ抑制し合うので、収穫量に壊滅的な打撃を与えることはないそうです。

また、良好な言々関係を構築しておくことで、数年に一度直面する少雨に対応できるそうです。

*下の画像はアマゾンにつながります(ちなみにアマゾンでのカスタマーレビューも参考になるかも)
アフリカのいまを知ろう (岩波ジュニア新書)アフリカのいまを知ろう (岩波ジュニア新書)
(2008/03)
山田 肖子

商品詳細を見る


物足りなかった点
個人的に物足りなかった点もいくつかあります。

1つ目に、本書が、アフリカの今を「研究者の目を通して」知ることになっていた点です。

もちろん目次を見れば明らかだったのですが、やはり本書は研究者ならではの、「一歩引いて
長期的に関わる」重要性が強調されている気がします。

しかしながら、企業や行政(国際機関やJICA)であれば別の論理があるので、アフリカのいまを「企業」「行政」の視点から知りたかった気がします。


次に、その研究者が人類学者に偏っていた点です。

内訳は、経済学2人、政治学1人、文化人類学5人、国際関係学1人、医学1人でした。確かにその内訳は日本のアフリカ研究を反映しているのかもしれません。

しかしながら、アフリカにおいては「開発」は重要な課題であるので、経済学や社会学、政治学などの社会科学、公衆保健や教育などのソフト開発の分野など、「実践的な」社会科学の視点から検証してもよかったのではないかと感じました。

3点目に、アフリカの今を知るというタイトルから連想するのは、アフリカの様々なことを鳥瞰的に
知れる気がしますが、あくまでもアフリカの「研究」を知れるスタンスになっています。

インタビュー形式の部分は特に、「なぜその研究を志したのですか?」などアフリカを知るというよりは、アフリカの研究者・研究を知るような内容になっています。

結論としては、アフリカの今を、研究者の視点から、アフリカ好きの視点から知るのには面白い書です。

次回(本書を読んで自分の経験を振り返る編へ続く)

ちなみに、本書の後には↓とかいいかも。

アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書)アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書)
(2008/08)
松本 仁一

商品詳細を見る

| 書籍紹介 | 15時15分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お勧めの映画

アフリカを舞台にしたお勧めの映画です。

| プライベート | 13時09分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マラリアはなぜアフリカに多いのか?

課題です。あと、4時間半後提出なのにまだ全然書いていない。やばい。

お題は、

Beginning with the sun, why is malaria endemic in central Africa but not in northern Asia?

1)Natural Environmental factors
1-1 Minimum Temperature 16-19C, Maximum temperature 35C
1-2 Malaria is affected by more intense rainfall season
1-3 More efficient species of mosquitoes live

2) Anthropogenic Factors
2-1 bad infrastructure, especially road, prevents the distribution of antimalarial drugs
2-2 Migration brings the vector of malaria as the examples shows in Mozambique and Zimbabwe.

うーん、分からん。

| 公衆衛生 | 02時37分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ありえないニュース

ありえないニュース

ソマリアで13歳の女性が投石で死刑にされたというニュース

国連筋のニュースなので、色々な利益が入り混じって、多少誇張されている点があることを差し引いても、ありえない事件だ。

ソマリアの無政府状態は続いている。黒柳徹子のレポート。

| その他 | 17時02分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。