≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

授業を受講したシリーズ第3回~環境政策・政治・マネジメント~

授業ラインナップシリーズ第3回「環境政策・政治・マネジメント(Environmental Policy, Politics, and Management)」
第1回「公衆衛生計画」はこちら
第2回「水資源の管理と開発」はこちら

この授業は、国際公共政策大学院(通称、SIPA)の授業です。先生は、この人↓

env policy pic
http://www.columbia.edu/~th2063から

Univ of ArizonaでPublic Administration PolicyのPhDを取っています。アリゾナとかは、自然豊かなせいか、環境系の研究が盛んなようです。

準教授で若手ですが、初回に参加した際に授業への熱心さが伝わってきたので受講を決意!

ちなみに、先日紹介したmasahの評価基準で点数をつけると、この授業は、30のリストの中で2位!27点満点中、15点でした。先日の、水資源の授業よりも志望度が高いです。

内訳は、(0~3点)

1) 興味:★★☆←2点ということ
2)GPAを下げない:★★☆
3)ほかの人との差別化につながる:★★☆
4)論文の一部になる:★★☆
5)博士課程の基礎力となる:☆☆☆
6)推薦状を書いてくれそうな先生が教えている:★★☆
7) 緊急で必要:★☆☆
8)難しさ:★☆☆
9) 準備度合い:★★☆

という感じです。こうやってみると、学ぶ内容への興味が高いこと、推薦状の候補として考えていること、準備度合いが高いことが特徴的です。

準備度合いが高いというのは、かつて広大では国際政治をやっていたので、久しぶりに再度政治、特に環境政策の政策過程の部分をリフレッシュも兼ねており、他の学生よりも知識を持って臨んでいると思っています。

市民社会や政府(行政・立法・司法)、私企業がどのようにそれぞれの利益を追求する中で、環境政策は形成されているのかについての部分で、自分の力を高められたらなと思っています。

ちなみに、博士課程の論文の一章にそのような社会のプレイヤーと政策過程に関する章が必要ではないかと考えています。その点でも、この授業はやりやすいです。

というのも、授業の評価は、2本のショートペーパーと学期末のタームペーパーに基づいてなされることになっており、トピックとして途上国の環境政策過程でもOKということなので、論文を進められると思ったわけです。

また、政治学のみならず、市場メカニズムを使用して汚染削減を行う経済政策も、授業のトピックのひとつとして挙げられているので、通行料制度燃料税について調べようと考えています。

ということで、受講が決まりました。

具体的な目標としては、

1) 環境政策の過程論について見識を深める
2) 具体的に、博士論文の一章につながるような、タームペーパーを作成する
3)経済学的アプローチの部分にも力を入れる

の3点です。
スポンサーサイト

| 環境政策 | 23時18分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

受講した理由シリーズNo2~水資源の管理と開発~

授業ラインナップシリーズ第2回「水資源の管理と開発(Management and Development of Water System)」

僕の日記では、続きますといって続くことは滅多にありませんが、今回は続いています。第1回「公衆衛生計画」はこちら

この授業は、工学部の授業です。先生は、この人↓

water
http://alumni.columbia.edu/newsletter/ag/india07/indiaeventbios.htmlから

大学の先輩Sさんの留学先、Univ of Texas AustinでPhDを取っています。Sさんも確か、水分野のインターンをやっていたから、砂漠テキサスでは水管理の研究は盛んなのかもしれません。

インド人だけれどアクセントも少なく、話し方も分かりやすかったのでこの先生に。

ちなみに、先日紹介したmasahの評価基準で点数をつけると、この授業は、30のリストの中で3位!27点満点中、12点でした。(意外に低いけれど3位・・・)

内容は、(0~3点)

1) 興味:★★☆←2点ということ
2)GPAを下げない:★★☆
3)ほかの人との差別化につながる:★★☆
4)論文の一部になる:★★☆
5)博士課程の基礎力となる:★☆☆
6)推薦状を書いてくれそうな先生が教えている:☆☆☆(0点)
7) 緊急で必要:★★☆
8)難しさ:★☆☆
9) 準備度合い:☆☆☆

という感じです。こうやってみると、学ぶ内容への興味と成績などを重視していると言えます。

ちなみに、水管理は面白そうとおもったきっかけは、冬にJI○A研究所で水に関するインフラの調査をしたことです。

工学のコンサルさんが作成したレポートを見たりしていましたが、「うーん・・・」

ということで、受講が決まりました。

近い将来、開発銀行に入行つもりなので、工学を基礎にしたインフラ系の授業を受講して、方向感覚を身に着けておこうかと思って受講しています。

また、授業の、前半が、地下水と表層水の管理ですが、後半が、気候変動との関連です。ですので、差別化にもつながるかと思い受講しました。

というわけで、具体的な目標としては、

1) 工学ってこんな風に物事を視るんだという、知性の方向感覚を身につけること
2) 水資源の経済評価を学ぶこと
3)気候変動と水の関連性について知識を深めること

の3点です。

さー、勉強にもどろ。

| 天然資源 | 22時27分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

受講した理由シリーズNo.1

今学期のラインナップがなぜこんな風になったのか、授業一つ一つ目的を考えていこうかと思います。

1回目は、「Interdisciplinary Planning for Health」です。

端的に言うと、都市計画についての学問的バックグランドを得たかったからです。

先学期に、都市の持続性(経済的にも環境的にも)についてのペーパーを書いたのですが、都市計画のこととか全く素人だったので、その部分はとても薄っぺらくなりました。

本読んだり、ペーパーをかじったりと手探りで学んだのですが、結構その場しのぎで書いてしまいました。自分の関係ある部分だけをかじって、理解できなかったところも多くありました。

「くそーどうしたらいいのだー。全体像が分からない!」という状態になりました。

要するに体系だった知識に飢えている状態になったわけです。

というわけで、今学期受講することに。

今回の様に、「飢えている」状態で受講すると、主体的に学べます。論文やテキストを読んでいても、「あーこういうことだったのか」と、乾いたぞうきんに滲みる水滴の様に入ってきます。

と言っても、なぜ数ある都市計画大学院の授業の中で、この授業かというと、教授が素晴らしい!

この人↓
prof_planning
(http://www.minority.unc.edu/sph/minconf/2004/keynote.htmから拝借)


この教授
は、公衆衛生大学院と都市計画大学院の両方に属していていて、(素人だから分からないけれど、恐らく名前からしてアメリカ随一の)公衆衛生の学会誌の編集長を務めています。さらに、UNHABITATという国際機関でコンサルの仕事もしつつ、マンハッタンのスラム問題にも取り組んでいて、確かNGOとかの活動もしています。

さらには、授業の雰囲気づくりも抜群で、学生の議論がとても活発に行われます。ほんと有名な教授は、授業も一流だなと思いました。

というわけで、教授に魅かれて、かつ、都市の持続性についてどんなアプローチがあるのか鳥瞰的に学べるのではないかと、この授業を受講することにしました。

ちなみに、シリーズと銘打っていますが、続くかどうか分かりません・・・。


| 授業 | 23時21分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。