≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ケニアで干ばつ

今ケニアで干ばつが起こっている。

ニューヨークタイムズ紙(NYT)より

『A Devastating Drought Sweeps Across Kenya』


『Lush Land Dries Up, Withering Kenya’s Hopes』
draught east africa


記事ではケニアの人々の生活が描かれている。死者がいるかどうかは、保健統計がしっかりしていないないので不明としつつも、生活に重大に影響が出ていることが描かれている。

一方で、大学でガンガンきいた冷房の中パソコンに向かって勉強をする自分。

「何か出来ることはないのか?」

「こんなことをしているよりも、今現地に行って何かやるべきではないか?」

自分がやろうとしていることと、今やっていることの間に存在するあまりに大きなギャップに戸惑いが生じる。

これはなんとももっともらしい「若気の正義感」なのか?

「今行っても何もできないだろ」

「今勉強して役に立つ人間になることの方が先だろ」

と言い聞かせることのできる、理性というか大人というか、平穏を保とうとする自分もいる。

それがいいのだろうか。分からない。そんな「理性」は悲しい。

そしてさらに悲しかったことは、日本のメディアだった。

グーグルのニュース検索で「ケニア」「干ばつ」というキーワードで検索をした。そうすると、地方紙47紙が運営するサイトとCNN日本版しか取り上げていなかった。

ちなみに、47Newsの見出しは、

『干ばつでケニアのカバ受難 半年で80頭超死ぬ』

kenya japan

ひょっとするとNYTはセンセーショナルな記事を書いているだけなのかもしれないけれど、この47Newsの記事を書いた人たちはNYTには目を通していないのだろうか。

もちろん、手放しに、NYTやアメリカのメディアが素晴らしいとは言えない。日本の鳩山新政権に対しても精緻な分析を欠くらしいし。⇒『JMM第425回 『アジア共同体実現の前提条件』とは? 』

でも、日本のメディアはネットにおいてまだまだ情報量というか、深い分析に基づいた情報発信力が圧倒的に足りないのではないか。


スポンサーサイト

| 独り言 | 23時24分 | comments:4|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニューヨークタイムズ紙の総選挙観

明日の今頃はすでに総選挙の結果が分かっているころと思います。

今回の総選挙は、アメリカのメディアで日本が話題に上っています(依然注目はされていないと思う)。

私がアメリカに来て感じたことは、アメリカは日本のことを

最重視していない

ということです。

「そんなこと危機感なのでは?」と思うかもしれないが、悲観的な留学生の危機感を通り過ぎて、通念になりつつある気がします。

日本にいる頃は、「日本経済はアメリカと対等だよ」なんて思っていましたが、アメリカ人は微塵も思っていないと思います。感覚的には、彼らにとっての日本は、今の日本にとっての中国のような感じで、「新興諸国」というとらえ方が正しいと思います。

さらに最近は、

古い「新興諸国」

です笑。

一般市民のアメリカ人から聞く日本の話題は、アニメ、日本食、野球くらいのもので、経済のライバルとはもはや誰も思っていないでしょうし、お世辞でも言わないと思います。悲しいです・・・。

なんでこんなことを書いているかというと、昨日

ニューヨークタイムズのトップページ


にも「Lost in Japan's Election Season: The Economy」という見出しで総選挙の記事が載っていたからです。エコノミストやニューズウィークにも似たような記事が載っていましたが、

日本を心配してくれています。

New York Times Election


“the momentous election has focused surprisingly little attention on the pressing problems that threaten the world’s second largest economy.”

「この歴史的選挙では、世界第二位の経済に停滞をもたらしている問題に対しては、驚くべくほど少ない注目しか集めていない。」

問題は、国債残高と少子高齢化があげられています。で、自民党も民主党も無節操な財政プランを立てていると指摘しています。少子高齢化の対策として、移民ではなくて現実的に退職年齢を上げることなどが提案として書かれています。

で、個人的意見を書くと、

今の日本で一番問題なのは、”entrenched interests of their biggest defender” で open the door to newcomersしないところだと思います。記事もエコノミストの記事を引用しながら書いていますが、強力な官僚機構と産業団体が若い起業家精神が育つのを妨げていると指摘しています。

私は起業したことがないので、本当に起業家精神が阻害されているのかどうか知りませんが、社会の雰囲気として

新しいことにチャレンジする雰囲気

はアメリカに比べて、今の日本は少ない気がします。で、それは「出る杭は打たれる」文化のせいなのか?というとそうでもないと思います。ちなみに最近の若者は、とかいうつもりはなくて、若い人ほど優秀だと思います。その点日本の未来はそれほど暗くはないと思いますが・・。

第一次世界大戦前や戦後は、松下幸之助とか中内功とか森田昭夫とか本田宗一郎とか育ったわけです。その頃は日本経済は大雑把に言って

成長

してきていました(戦前の産業構造転換期や戦中・戦直後は幅があります)。

だから、皆「やれるぞー」と思っていたのではないかと思います。

あと不謹慎ですが、戦後すぐは今までの社会を構成していた秩序が崩壊してしまっていて、チャレンジして失敗してまたチャレンジすることが許される土壌があったのではないかなーと想像します。

だから、経済を成長させるというのは、かなり必要なことではないかと思います。

蛇足ですが、経済か環境かとか単純な二項対立の議論はなかなか成り立たないのではないかと思います。

| 外から見た母国 | 14時14分 | comments:2|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。