| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【質問回答】SIPAは学位を乱発する?!

先日の「SIPAの特徴は何ですか?」というエントリーの続きです。

私個人宛にコメントを頂いた中で、

「昨日「コロンビアのSPIAは学位を乱発している大学院だ」ということを言われました。で、ちょっと探すとそういうことを記したSIPAを最近卒業された日本の方のブログも存在しました。他大学の先輩に羨まれたとか。教授自身が、学びはここではなく学外にあるとのたまったとか。セメスター中に異常な単位数を取得できたとか。大学によって本当にそこまで違うものなのでしょうか?」

という主旨の質問を頂いたので、お答えします。

先日も申し上げましたが、僕はSIPAではありません。SIPAの授業をいくつか受講しているだけです。このことをご考慮の上で以下の文をご覧ください。

まず、

学位を乱発しているかどうかは、知りません。

1学年、学生が400名くらいいると聞いたことがあるので、確かに少数精鋭ではないかと思います。

でも、乱発しているってことはないと思いますよ。そもそも乱発とはどういった状態を指すのでしょうか?簡単にいい成績がとれるということでしょうか?

SIPAに関して言えば、少なくともコア科目(か、人数が30人以上の授業か忘れましたが)、に関して言えば、みんながいい成績をとれるわけではないです。

というのも相対評価だからです。クラスの上位○○%しか、Aがとれないのです。

それならば、相対評価で簡単にAがとれるほど、周りの学生の出来が悪いかというと、そうではありません。

というのも、日本では開発分野ではそれなりの成果を残しているイデアス(就職実績はこちら)からでも、SIPAの入学試験に落ちる人は結構いますので、誰でも入学できるというわけではないかと思います、あくまでも勝手な推測ですが。

ちなみに、ウェブ上で、「SIPA」「学位乱発」「ブログ」で検索して、でてきた方のブログを拝見しましたが、イギリスの大学院とSIPAの課題の量を単純に比較しているように見えます(恐らくそのエントリーの趣旨は、派遣元の仕事(量)と比べて大学院の勉強が大変ということはない、ということだと思います)。

しかし、イギリスの大学院で学期末に課せられる2万字のエッセイと、アメリカの院で学期末で課せられる2千字のエッセイとでは、

コンテキストが全く異なります。


なぜかというと、イギリスに留学した友人から聞く範囲だと、政策系や開発系のイギリスの院では毎日の授業ではあまり課題は課せられないからです。また、授業も週一回と聞きました。(間違っていたら教えてください。)

一方、アメリカの院では、必須科目では課題が毎週ありますし、選択科目でも最低でも中間試験か中間ペーパーが課せられます。1つの課題で成績を評価する授業は少数です。

ひょっとすると、一度学んだことのある科目や仕事で関わっていた分野の授業だと簡単に感じることはあるかもしれません。

それはある意味当然です。

基礎からやるからです。

もしそうならば、むしろ自分が知っている内容を扱う授業をわざわざ履修しなくてもいいかと思います。単位交換がSIPAでできるか存じ上げていませんが、統計学など履修したことがあれば単位交換をして履修しないという交渉をすることもできるかもしれません。

留学の目的は何なのでしょうか?一度学んだことのある内容を、英語で学ぶだけなら、その効果は少ないかと思います。

今まで日本にいるだけなら触れることのない最先端の内容を学ぶことができる、それが留学する意義なのではないでしょうか?

もしも、SIPAの授業のレベルで物足りないのであれば、

博士課程の授業を履修すればいい

かと思います。SIPAのある、コロンビアは博士課程でも、実証研究が盛んですので、政策よりの授業もあるかと思います。

多分、選択科目であれば制限が少ないので可能だと思います(勝手な推測です)

「本当の学びは学内ではなく学外にある」といった教授がいたそうですが、学外で学ぶのを大切にしろ、ということを言いたかったのではないでしょうか?

なぜなら、政策は机上の空論ではないので、学内で学んだ理論を現実と照らし合わせて、それが何を意味するのか自分の頭で考えてみろ、ということが言いたかったのでしょう。

インターンをしながら在籍してもいいでしょう。実際、インターンなどをしながら院の授業をこなすのは相当大変です。

インターンでなくても、

本を出版するとか、論文を公刊

すればいいと思います。

いやいや、そんなの博士課程の人がやることで、マスターはしないよ、と思われる方がひょっとするといるかもしれませんが、

修士でもアメリカ人やインド人の優秀な人は、バンバンやっています。

言われたことをそのままやっていればそれなりにいい成績はとれるかと思いますが、それでは単なる受験勉強の延長ですので、自分で考え、自分のスキルセットをみにつけていくことが大切かと思います。


結論は、不安な気持ちは分からなくもないですが、

根拠も定かではないマイナス面が気になるのであれば、

SIPAへの入学を考え直した方がいい

かと思います。

自分の頭で考え、そして行動していける、自分の道を自ら切り開いていける、そんなイニシアティブのとれる人間が真なる評価を受けるところが、プロフェッショナルスクールだと思います。
スポンサーサイト

| コロンビア大学 | 23時37分 | comments:3|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【質問回答】SIPAの特徴は何ですか?

SIPAの最大の特徴は何ですか?他校より優れている点は何ですか?

とのご質問をいただいたので、お答えします。

まず第一に、私はSIPA所属ではありません。いくつかのSIPAの授業を取っていますが・・・。その点をご考慮に入れてご覧ください。また、詳しい方がいらしたらご意見を頂けると幸いです。

SIPAが他校より一番優れている点は、途上国開発に強みがある点です。それは、環境、持続可能な開発、平和構築、人権、経済政策、において顕著かと思います。

地球研究所(Earth Institute)という、Jeffrey Sachsが率いている研究所がありますが、そこは、持続可能な開発においては、明らかに世界をリードしています。(ジェフリー・サックスは、『貧困の終焉―2025年までに世界を変える』を書いた、開発の世界では有名な経済学者です)

大学全体として、途上国開発に力を入れていくという戦略を取っているように感じます。それは、世界銀行奨学生の人数が上位であることからも明らかと思います。世界銀行奨学生の出身大学の記事。

さらに、Earth Instituteの素晴らしい点は、学生をプロジェクトに関わらせる点です。途上国の研究プロジェクトの助手(もちろん有給)の募集は、本当に次から次に応募がかけられます(1週間に一度位は募集がある)。ここからメーリングリストの登録ができますので、ご登録されてはいかがでしょうか?

また、ミレニアム・ビレッジというプロジェクトへのインターン派遣も盛んです。

また、他校に比べて実務家の教授が多いかどうかは存じてあげていません。

あと、国連本部に近い点は、やはりかなりの魅力かと思います。国連総会時には、各国の首相、大統領がよく講演に来ますし、ユヌス、アマルティア・セン、パチャウリ、マータイなどノーベル賞受賞者も講演に来ていました。

最後に、ジャーナリズム、法律、MBA、教育、都市計画、公衆衛生といった他の大学院の授業もとれる点も魅力かと思います。ジャーナリズムはピューリッツァー賞を授与する大学院として名実共に世界一ですし、教育大学院とロースクールも全米で常にトップ5内、MBAも常にトップ10内、かと思います。この様にフルラインナップで戦えるのは、コロンビアを除くと、ハーバード、バークレー位ではないでしょうか。

ただ公共政策分野だと、ハーバード、プリンストン、と比べるとブランド力は落ちるかと思います。また、Johns Hopkins のSAISやジョージタウンのMSFSと比べると、世銀・IMFへのアクセスには、どうしてもハンディがあるでしょう。また、開発分野ですと、Dukeと同じ位かもしれません(勝手なイメージですが・・・)。

次回は、同じく頂いた質問である、「SIPAは学位を乱発しているのですか?」という質問に答えます。

| コロンビア大学 | 09時11分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サマーセッション

今年の夏はNYにいて、先日言っていたインターンとスキル系の強化をすることにしました。

インターンは、NASAの研究者のもとでやります!

NASAといえば、フロリダかテキサスですが、実は、ニューヨークのマンハッタンにも研究施設があるのです。ここ

コロンビア大学の隣なので、仲良しです。

早速月末のマルセイユでの学会に向けての準備です。

授業は、あと弱点補強のために、数学を、強みをつけるために計量経済学と統計を取ります。

ここでも昨年同様、インターンシリーズを始めたいと思います。(昨年は、フィリピンマニラのアジア開発銀行(ADB)シリーズでした)

世銀も協力しているので、DCもちょこちょこ訪問しそうです。

ナショナル ジオグラフィック[DVD] +6℃ 地球温暖化最悪のシナリオナショナル ジオグラフィック[DVD] +6℃ 地球温暖化最悪のシナリオ
(2008/08/15)
ナショナル ジオグラフィック

商品詳細を見る

| コロンビア大学 | 02時21分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サックス・スティグリッツ

コロンビアで開発を学ぶと言えば、この2人は欠かせません。

ジェフリー・サックス
ジョセフ・スティグリッツ

コロンビアの看板教授です。

ところが、特にサックスとEarth Instituteについて、いい評価をしない人もいます。

そんな人たちは、「サックスは研究はいまいちだし、earth instituteも何をやっているか分からない」

確かに、最近の研究では理論の研究はありませんし、第一彼のHPには論文リストもぱっと見当たりません。

しかし、彼の影響力は絶大です。

特に、教育という面においてです。

大学教授は、研究をやってなんぼの世界ですが、僕は教育も、評価の中でそれなりのウェートが置かれるべきだと考えます。研究:教育:社会貢献=4:3:3位ではないでしょうか。

そうすると、彼は教育・社会貢献の評価はずば抜けています。

来年からは、コロンビアに「持続可能な開発」が学部生のメジャーとして登場します。

また、多くのコロンビアの学生が、入学後に開発そして発展途上国に興味を持ちます。アメリカでは珍しいです。そして、卒業後、現場に行く人もいれば、NPOや国際機関、最近はやりの社会企業に就職する学生も多いのです。

ウィスコンシンや日本にいる頃と比べて、驚くべきことは、彼の話を聞いたり授業を聞くことで、学生そして教授陣も、「行動を起こせば、世界はよくなるはず」だと、洗脳されている点です。

確かに、なぜ先進国が他国の開発に関わるのかとか、そもそも世界の貧困問題は解決されるのかとか、対等な関係がうんぬんとか、行動の前に色々と考えてしまいます。これらの問いについて考えることは、開発に関わるうえで大切なステップですが、ここでつまずいたら、何もできません。

しかし、彼とコミュニケーションをとっていると、それがなくなります。やれる、という気になる、心のブレーキを外す感じです。

「有名教授は授業をしない」ということがよく言われますが、彼はそんなこともなく、きちんと先学期は3つの授業を担当し、きちんと来ていました。

安易に批判するのは簡単ですが、やはりこの世界も、「やってなんぼの世界」だと思います。

PS:今日パソコンメモリ増強したら、とても使いやすくなりました。もっと早くからやればよかった♪

| コロンビア大学 | 03時08分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コロンビアVSウィスコンシン

コロンビア大学とウィスコンシン大学を比べてみます。

コロンビアの方がいい点
1.国際機関やNGOなどからリクルーティングに来る。インターンに関しても、コロンビアの学生を狙ってくる。

2.UNやDCが近い。


ウィスコンシンの方がいい点
1.教育熱心。同じ単位の授業でも、1週間の授業時間やTAによるサポートが厚い。
2.何でもコロンビアに比べて安い。
3.コロンビアに比べて、開発分野での競争が少ないので、大学で一つしかないポジションも比較的ゲットしやすい。

以上。仕事に戻ります。

| コロンビア大学 | 01時36分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。