| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本と途上国の環境問題の違い

前回環境、特に「使用する」立場について書いたので、今回もその続きを。

日本の環境問題の歴史と、途上国のそれとはかなり異なる部分が多いです。

日本は、環境対策といえば、「公衆衛生に始まり、次に公害対策、そして、生活系環境問題や地球環境問題へ」(藤倉)と変化してきました。

つまり、工場などの汚染源特定できるもの(公害)から、自動車など汚染源の特定が容易でないもの(生活系)、森林破壊・砂漠化・温暖化(地球環境)へて変化してきたということです。汚染範囲が小さな範囲(公害)から、広い範囲(地球環境)へて変化してきたわけです。広い範囲であればその被害はすぐには目には見えないけれども、長期的には生物や人間の生存基盤を脅かすものとなってきたとも言えそうです。

一方、途上国は圧縮型環境問題と呼べます(小島)。それは、一気に上記の地球環境型のステージになっています。先進国も地球環境問題には十分には対処できていないので、途上国はなおさらです。

小島は先進国の事例を振り返りながら、、環境被害者の抵抗運動、言論の自由、企業の汚染防止のための初期投資へのインセンティブ付与、政府の環境法関連の執行能力、地方自治体の首長の直接選挙制、を環境対策の成功の要件としてあげています。

ここからは、個人的な意見です。

先進国と途上国は同じ責任はないと思います。つまり、途上国が先進国と同じだけ地球環境問題に取り組むべきかというと、そうではないと思います。

なぜかというと、先進国は上記のように徐々に資源を使いながら発展してきて、かつ、数十年から数百年の年月をかけて環境対策のノウハウを蓄積してきたからです。今それを途上国に求めるのは「不公平」な気がします。

途上国は、ある程度のレベルまで自国の天然資源を使って発展する権利がある、と僕は考えます。もちろん、地球規模に負荷をかけるレベルであればそれは認められるべきではありません。しかしながら、今そこで生きている人たちの衛生状態を守ることの方が、森を守ることよりも大切な気がします。

ただ、一方で途上国では人口増加のペースはとても速いので、問題は改善されないのではないかという危惧もあるかと思います。それについて次回考えたいと思います。

参考文献
藤倉良『日本の公害経験の背景と技術移転─大阪市の経験から考える 』「アジ研ワールド・トレンド2008年2月号」

小島麗逸『途上国の環境問題とは』「アジ研ワールド・トレンド2008年2月号」
スポンサーサイト

| 環境政策 | 23時01分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エネルギー・環境について徒然

今日本では、「エコ」がいい意味でも悪い意味でも流行しているそうです。

で、日本にいないのでイメージでしかありませんが、「冷房の温度を高く設定する」、「レジの袋をもらわない」、「電気はこまめに消す」などが一般市民の方にとって目に見える主な施策のではないかと思います。(正しいこと、誰か教えてもらえると嬉しいな・・・)

これは、消費者及び企業のオフィスをターゲットにした政策ではないかと思います。

というのもの、東京大学学術俯瞰講義によると、日本の電気消費量は、80年代からは工場や企業セクターでは横ばいであるのに対して、家計や交通セクターでは約2倍の伸びを示しているからなのかもしれません。

つまり、消費者の人にちょっと「我慢」してもらうことが前提のような気がします。だからか、「環境のことを研究しています」なんて言うと、(特に男性陣に)針のむしろにされたりします笑。

ちなみに、環境とは色々な概念を含みます。

分かりやすく大雑把に分類すると、

保全の観点から、

「今あるものをできるだけ自然に近い形で保全していこう」

というもの。例えば、森林を守るとか、近くの干潟を保全するとか。

天然資源の観点から、

「天然のものは生活や経済活動のエネルギー・食糧・水のもとになるので、それを有効に活用していこう」

というものの2つにわけることができるかと思います。

つまり前者は、環境とは「守るもの」と考え、後者は、環境とは「使うもの」と考えている傾向があります。

まっ、現実は両者のミックスかと思いますが・・・

ただ今の日本だと、保全的思考が高いかと思います。それは古来より、木材を利用した生活を行ってきたからとか、自然災害が多かったので自然に対して畏れている、からなのかなと思います。

ただ、エネルギーの観点から見ることも必要なのではないかと思います。人間はエネルギーがないと生きていけないからです。

と、PodCastの「東京大学学術俯瞰講義‐エネルギーと地球環境‐」を観たので、ぼーと考えていたことを書きました。いs

| 環境政策 | 23時25分 | comments:2|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

授業を受講したシリーズ第3回~環境政策・政治・マネジメント~

授業ラインナップシリーズ第3回「環境政策・政治・マネジメント(Environmental Policy, Politics, and Management)」
第1回「公衆衛生計画」はこちら
第2回「水資源の管理と開発」はこちら

この授業は、国際公共政策大学院(通称、SIPA)の授業です。先生は、この人↓

env policy pic
http://www.columbia.edu/~th2063から

Univ of ArizonaでPublic Administration PolicyのPhDを取っています。アリゾナとかは、自然豊かなせいか、環境系の研究が盛んなようです。

準教授で若手ですが、初回に参加した際に授業への熱心さが伝わってきたので受講を決意!

ちなみに、先日紹介したmasahの評価基準で点数をつけると、この授業は、30のリストの中で2位!27点満点中、15点でした。先日の、水資源の授業よりも志望度が高いです。

内訳は、(0~3点)

1) 興味:★★☆←2点ということ
2)GPAを下げない:★★☆
3)ほかの人との差別化につながる:★★☆
4)論文の一部になる:★★☆
5)博士課程の基礎力となる:☆☆☆
6)推薦状を書いてくれそうな先生が教えている:★★☆
7) 緊急で必要:★☆☆
8)難しさ:★☆☆
9) 準備度合い:★★☆

という感じです。こうやってみると、学ぶ内容への興味が高いこと、推薦状の候補として考えていること、準備度合いが高いことが特徴的です。

準備度合いが高いというのは、かつて広大では国際政治をやっていたので、久しぶりに再度政治、特に環境政策の政策過程の部分をリフレッシュも兼ねており、他の学生よりも知識を持って臨んでいると思っています。

市民社会や政府(行政・立法・司法)、私企業がどのようにそれぞれの利益を追求する中で、環境政策は形成されているのかについての部分で、自分の力を高められたらなと思っています。

ちなみに、博士課程の論文の一章にそのような社会のプレイヤーと政策過程に関する章が必要ではないかと考えています。その点でも、この授業はやりやすいです。

というのも、授業の評価は、2本のショートペーパーと学期末のタームペーパーに基づいてなされることになっており、トピックとして途上国の環境政策過程でもOKということなので、論文を進められると思ったわけです。

また、政治学のみならず、市場メカニズムを使用して汚染削減を行う経済政策も、授業のトピックのひとつとして挙げられているので、通行料制度燃料税について調べようと考えています。

ということで、受講が決まりました。

具体的な目標としては、

1) 環境政策の過程論について見識を深める
2) 具体的に、博士論文の一章につながるような、タームペーパーを作成する
3)経済学的アプローチの部分にも力を入れる

の3点です。

| 環境政策 | 23時18分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。