| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日学んだこと 11月6日

今日学んだことってのを記録取ることをトライしてみることに。

【知識系】

passive data vs active data:セミナー中に出ててきた単語だけれど、全く?でスピーカーに質問。リモートセンシングのデータの種類で、Passiveの方は地表面から放出されている放射線のデータをとっているだけ。一方Activeの方は、衛星から放射線をだしてその反射でデータをとる、ぽい。

【スキル系】

I dont understand what you are asking:質問された時に質問の意図がわからない時にスピーカーが言ってた。もちろん今まで何度もそんな場面に遭遇してきているはずだが、最近自分がスピーカーで全く意味不明なことを聞く人がいて、あまり聞き返さずに答えたら不満そうだった経験があっったので、新鮮に感じた。やっぱり、直に聞いていいんだと、思った。

【ボキャブラリー系】

diurnal : 昼間の

続けるように頑張りたい。
スポンサーサイト

| 授業 | 01時28分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アイルランド元大統領登場!

今学期は、ミニ単位(半期)で、「気候変動、開発、人権」という授業をとっています。で、今週金曜日に、授業にアイルランド元大統領で、元国連人権問題担当高等弁務官で現在はうちの教授である、メアリー・ロビンソンが登場します!メアリー・ロビンソンとはこんな人@ウィキペディア

国際連合人権高等弁務官事務所とは、国連人権「委員」会を格上げしてできた、国連人権「理事」会を補助する事務機関のようです。その高等弁務官は、国連事務次長としての役割を担うようです(外務省)。

ちなみに、国連の理事会といえば、有名な安全保障理事会、経済社会理事会、信託統治理事会、があるのですが、これらは主要機関として挙げられていて、他の総会、国際司法裁判所、事務局が同レベルの組織のようです(国連広報センター)。人権委員会は、それより下のレベルの、総会の補助機関です。

ちなみに、上記のリンク先を見ていて初めて知ったのは、世銀がUNの専門機関であることです。とかく、UN vs WBなどと言われますが、少なくとも形式上は、世銀はあくまでも国連の専門機関という位置づけのようですね。

と、話はそれましたが、前回ステグリッツの時は、何も質問できなかったので、30人のゼミに登場する彼女には、何か質問を準備しておこうかと思います。

| 授業 | 22時49分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

授業のうまいやり方

先日紹介した、Interdisciplinary Planning for Healthの先生は授業を工夫しています。

将来、大学で教えるかもしれないので、その時のために、これは使えると思ったことを記しておこうかと思います。

1.ブログを活用
授業のブログがあります。彼女はこれをうまく活用しています。

例えば、学生でいい記事を書いた人には、授業でコメントを求めています。しかも、その言い方が絶妙!指名されると、自分が賢い気になった気分です。みんな喜んで答えています。

また、記事を書いたかどうかも成績の対象になるので、みんなブログに記事を書きます。しかも、セミナー等の情報収集系、授業で課された論文へのコメント系、ニュース系と、政策を学ぶ人にとって必要な知識やスキルを身につけられるように工夫されています。上記の3つの系統を週1回アップしなければいけません。

2.ヒトにフォーカス
政策や社会問題の講義となると、身近に感じられないことがあります。ところが、彼女は、を中心に話すようにしています。つまり、マイノリティーの居住地区の問題だと、それを解決しようとしている知り合いの市議の人生や動機から話し始めます。

ということは、日頃からネットワークも広げておかないとそんなことはできません。人中心に話されると、例えそれが抽象的な社会問題であっても、頭の中にすっと入ってきます。


うーん、工夫しておる。

| 授業 | 23時47分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

留学中、受講する授業の選び方

僕は授業を選ぶ基準というものを決めています。

それらは、

1) 半年単位の5年計画からの落とし込み
2) 今学期内での優先順位づけ

です。

で、1)の半年単位の5年計画からの落とし込み、から考えると、

07年秋~08年春(米国1年目):経済学の基礎作り
08年夏:途上国国際開発金融機関での経験づくり
08年秋~09年春(米国2年目):気候変動と環境科目の強化と、研究能力の育成
09年夏:基礎科学(=数学、統計、経済学、化学や水文学)の強化、DCでの勤務経験
09年秋~10年秋(3年目):応用経済学の強化と、博士論文研究の計画

ちゅうわけで、先学期は自然科学系の環境を強化したので、今学期は社会科学系の環境を強化!

そして、2)の今学期内での優先順位づけでも、以下の基準毎に1~3点の点数をつけて選びました。どう考えても、マニアック・・・

それらは、

1) 興味
2)GPAを下げない
3)ほかの人との差別化につながる
4)論文の一部になる
4)博士課程の基礎力となる
5)推薦状を書いてくれそうな先生が教えている
6) 緊急で必要
7)難しさ


といったものです。ちなみに、今学期は、

[必須科目]
1. Managing Climate Risk(気候変動リスクのマネジメント)→10点
2. Regional Climate and Climate Impact(地域気候変動とそのインパクト)→11点

[選択科目]
1. Development and Management of Water System(水システム管理と開発)→12点
2. Interdisciplinary Planning for Health(学際的健康計画)→11点
3. Environmental Finance(環境ファイナンス)→9点
4. Environmental Politics, Policy and Management(環境政治・政策・マネジメント)→15点
5. Linear Algebra(線形代数)→10点

というラインナップ!
で、具体的のその基準を一つ一つ見ていくと・・・


1)面白そうなもの

当たり前だけれども知的好奇心をそそられるもの。これなしでは正直勉強なんてできません。

具体的には、冬休み中の研究所での研究をしていて、自分の力で足りないなと思ったもの(例, 「環境ファイナンス」、「水資源管理」)や、出席して単純に面白そうと思ったもの(「学際的健康計画」)を受講しています。これには、教授の教え方や熱意も含まれるような気がします。

2) GPA(成績)を下げない

GPAが低くなると苦労するので、良い成績が取れそうなものというものも、ずるいですが(凡人には)大切な基準です。

成績が低いとどう苦労するかというと、「奨学金をもらえない」、「TAやRAといった助手の仕事をもらえない」といった問題に直面します。

年間の学費が400万円弱するので、大学から給料をもらわなければやっていけません。助手をすると学費は免除されることが多い。

具体的には、比較的点数の取れそうな、「学際的健康計画」です。


3) ほかの人との差別化につながる

将来の職場、近い所でいえば休みの期間のお仕事やインターンを獲得できるかは、この部分によるところが多いです。

現代の世界で必要とされている、スキル専門を身に付けるということです。僕の場合は、経済開発と気候変動という専門性と強めて、他者との差別化を図っています。

今学期は、「環境ファイナンス」や「地域気候とそのインパクト」、「気候変動リスクのマネジメント」などがそれにあたります。

4) 論文の一部となる

授業では、学期末にペーパーを課されるものがあります。そのトピックは授業に関連があれば何でも自由に選べるので、修了論文の一章となりうるようなトピックの選べる授業を選びました。そうすれば、学期終われば、修了論文もいつの間にかかなり進んでいる、なんてことになります。

ちなみに日本でも同じかと思いますが、インターネットからコピペで提出したりすると、厳しく罰せられて「退学」です。

具体的には、「地域気候とそのインパクト」、「気候変動リスクのマネジメント」、「学際的健康計画」、「環境政治・政策・マネジメント」です。

5)推薦状を書いてくれる先生が教えているもの
これは、博士課程に進学する人、博士課程にいて近々奨学金等に申請する人、欧米で働きたい人にはとても大切です。

博士課程入学、世銀や大学、研究所への就職では、推薦状が大きなウェートを占めます。日本の様に、気軽に褒めまくってくれる先生は少なく、平気で断る先生も多いです。

ですので、親切に面倒見のよさそうな教授の授業を受講して、成果を残しておくことは将来的にも大切です。

僕はあらかじめ、「僕のパフォーマンス次第では、将来的に推薦状を書いてくれますか?」とあらかじめ質問したりしました。

具体的には、「環境政治・政策・マネジメント」がこれにあたります。

6) 緊急的に必要なもの
論文を書くのに必要だったり、来学期受講する授業の基礎となる様な、緊急性の高い授業を選びました。

逆に、将来実務機関に移った際に必要になるであろうけれども、ここ1-2年は必要ないであろう、コーポレートファイナンスや会計の授業は、避けました。

以前は、遠い将来を見据えて受講したり、スキルを取得したりしていましたが、とりあえずは今もしくは近い将来で生き残ることが大切だというように考えが変わってきたからです。近視眼的だけれども、これはしょうがない。

具体的には、「線形代数基礎」がこれにあたります。

7) 難しさ

これは2)のGPAと関連していますが、勉強するのにあまりに時間を食われそうなものは避けました。というのも、他の授業特に必須の授業のパフォーマンスに影響が出るからです。

具体的には、他分野の人にもあまり敷居が高くない、「学際的健康計画」を受講したりしています。

こうやって書いてみると、うーん、マニアック・・・・てか、こんなの書く前に勉強しろよ。

僕はカリキュラムを選ぶのに、2週間以上かけてしまうのだけれど、ちなみに他の人はどうやって選んでいるのだろう・・・??

| 授業 | 23時00分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都市計画・公衆衛生の授業ブログの紹介

昨日紹介した、Interdisciplinary Planning for Health (Urban Environmental Planning)の授業は、学生は授業のみならず、ブログでも議論することになっています。

その意義は説明されていないのでよく分かりません。しかし、授業中に行う、口頭のアメリカの学生にありがちな言いっぱなしディスカッションとはまた別に、「書く」という作業を通じて、冷静な議論を行おうという主旨ではないかと、勝手に想像しています。

ちょうど、授業中のディスカッションと、ペーパーの中間に位置するイメージかな・・・。

| 授業 | 23時26分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。