| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界銀行が気候変動と開発に関するレポートを発表

世界銀行の年次報告書である世界開発報告書の今年のテーマは、開発と気候変動でした。

今年の国連総会の数日前の9月22日に国連気候変動サミットが開催されたのですが、それを狙ってなのかどうか分かりませんが、9月15日にプレスリリースとオンライン版が公開されました。

で、その要約がこちらに載っています。『気候変動に迅速かつ適切に対応する世界は実現可能、と世銀報告書』

世界銀行が今回掲げた目標は、(今までの)開発計画を推進しつつも、その中でエネルギー効率の悪い技術や交通手段などを改善していきつつも、自然災害に強いインフラ農業方法・品種の開発・普及を支援していくということではないでしょうか。

当然上の目標を達成するに当たって、強みである金融市場経済の力を使っていくことが述べられています。

で、これから詳しく見ていく必要がありますが、上のサイトや世銀のページをばっくっと読んだ感じでは、基本はNo regret policyではないかと思います。

つまり、「予想していたことが起こらなかったとしても、まぁやっといてよかったな」と思う政策です。

気候変動の分野であれば、IPCCとかの気候変動の予測が当たらなくても、後悔(=regret)せずに「あーやっておいてよかった」と思えることからやっておこうよ、という感じでしょうか。例えば、途上国の社会基盤となるインフラ整備などがこれにあたると思われます。この辺は日本国内での対策とはかなり異なってきそうです。

ただ注意が必要なのは、たとえ「やっておいて損がない」政策が、「やらなければならなかった」政策より重視されては困る、というところです。

「やらなければいけない」政策を見極めるのには、まず将来のことを予測しないといけないわけです(例えば、気温が変わるのかとか、人口がどの位増えるのかとか、エネルギーどのくらい消費するのかとか、技術はどの位発展するのかとか)。

どの位の確率でどのくらいになるのかをできるだけ正確に予測しないとだめなわけです。これが難しいのです。なぜかというと、実は現状すら把握できていないことが多いからです。日本ですら最近は、国勢調査の回収率が下がっていると聞いたことがあります。

さらに、ある対策に対して、コストとベネフィットがどの位かかるかという評価をします。また、ここでも将来のことが関わってくると分かりません。コストとベネフィットを政策間で比べます。ここで、政治家の出番です。何が大切かという価値判断・意思決定が必要となってくるからです。

↑↑
最後の3つの段落はあってるのかな・・・



↓↓励みになるのでクリックお願いします↓↓


スポンサーサイト

| 世銀 | 23時59分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。