| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

友人からのイベント情報

皆さんお久しぶりです。ほぼ半年ぶりです。近々、コロンビアブログとこのブログをまとめようと思っています。

今回は友人からいただいたイベント情報の紹介です。スピーカーの方に人生最大規模の影響を受けたという友人が複数います。私も参加したいところですが、アメリカにいるので残念・・・。参加する方、どなたかコメント欄でどうだったかなど教えていただけると嬉しいです。

(以下、転送歓迎)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ロシナンテス東京講演会
「スーダン・東日本大震災 ~光を求め続けて~」
6月4日(土)13:00~
武田先端知ビル・武田ホール@東京大学浅野キャンパス

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

6月4日(土)に、アフリカ・スーダン、及び宮城県名取市・岩沼市で活動する、
NPO法人ロシナンテス代表理事 川原尚行の東京講演会を開催いたします。

外務省の医務官として赴任したスーダン、続く内戦で厳しい生活をしいられる人々を見て、
医師として何かできないかと外務省を退職し、NPO法人ロシナンテスを設立、家族を日本
に残して、スーダンでNGOとして活動を始めました。
その活動は医療にとどまらず、現在では、学校・教育事業、水・衛生事業、交流事業、
スポーツ事業と幅広い分野にわたって総合的に取り組んでいます。

また、本年3月11日の東日本大震災に際し偶然東京に一時帰国していた川原は、
そのまま被災地に向かい、名取市・岩沼市において医療支援活動を開始しました。
医療活動は地元の医療機関に引き継ぎましたが、被災民の依頼もあり、仮設住宅内の
健康管理を行っています。
また、子供たちをの勉強を補助やスポーツ活動などを行う寺小屋事業、そして造園業者と
協同してのガレキ撤去、ドロ除去などの支援活動を行っています。

その精力的な活動は、日本の多くのメディアにも取り上げられてきました。
最近では、日本テレビ「行列のできる法律相談所」や「深イイ話」で、ロシナンテスと
川原尚行の活動が1時間の特集で紹介されました。

今回の東京講演会では、スーダン・東北でのロシナンテスの最近の取り組みや、
川原尚行がスーダン・および東北での暮らしで見つけた、苦境の中の人々の輝きに
焦点をあてて、「スーダン・東日本大震災 ~光を求め続けて~」というテーマ
のもとお話しします。


●時間:6月4日(土)13:00~ (受付 12:30~)
 ※13時には講演会が開始しますので、お時間に余裕を持って会場へお越し下さい。

●会場:武田先端知ビル・武田ホール(東京大学浅野キャンパス)
東京メトロ千代田線 根津駅下車(1番出口)徒歩5分
東京メトロ南北線 東大前駅下車(1番出口)徒歩10分
http://www.vdec.u-tokyo.ac.jp/Guide/access.html

●参加費:無料

●定員:339名

●プログラム
12:30 受付開始
13:00 開会
13:05 講演:「スーダン・東日本大震災 ~光を求め続けて~」
14:30 閉会


【プロフィール】

■川原尚行(NPO法人ロシナンテス・代表理事)
1965年福岡県北九州市に生まれる。
高校、大学時代はラグビーに没頭し、主将を務める。
医学の道を志し、九州大学医学部へ進学。
1998年外務省入省、在タンザニア日本国大使館医務官として赴任。
2002年在スーダン日本国大使館へ医務官として赴任し
スーダンの現状を目の当たりにする。
2005年1月外務省退職を決意し、同年4月よりスーダンにて医療活動を開始。
2007年にはスーダン ガダーレフ州シェリフ・ハサバッラ村に診療所を開設。
2010年3月より、宮城県名取市・岩沼市にて、医療支援・瓦礫撤去作業を開始。
現在はスーダンと宮城県を往復し、両地域の復興に向けて尽力している。

NPO法人ロシナンテス
http://www.rocinantes.org/


●●●お申し込み●●●
https://ss1.coressl.jp/kokucheese.com/event/entry/11891/
(お申込フォームより送信してください)

*本講演会は事前にお申込が必要となります。
定員になり次第、お申込を締め切らせて頂きますのでお早めにお申込ください。

[お問い合わせ]
東京大学国際交流機構(UT-IRIS) 担当:宮内
y.miyauchi@ut-iris.org
http://ut-iris.org/
スポンサーサイト

| セミナー | 17時08分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マッキンゼーとアフリカ

今日はうちのオフィスで開催された、マッキンゼーの調査部門の方のセミナーに参加しました。

さすが、マッキンゼー!聴衆の入りも半端なく、お昼時のセミナーではありえない人の入りでした。うちは公的機関ですが、それでもマッキンゼー、ゴールドマンサックス、IBMなども業界のリーディング企業が言うことには社員も耳を傾けているようです。

アフリカの経済予測についての報告書を元に、アフリカの外国投資利益率が他の発展途上地域よりも高いこと、産業として消費財・農業・インフラ・天然資源関連産業が成長を牽引すること、また地域として全人口の40%である都市の消費者が長期的な成長に寄与すること、等を明らかにしています。詳しい報告書はこちら

戦略コンサルタント会社がこんな報告書をだすとは、欧米も戦略的に賢いなと思いました。

| セミナー | 22時46分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

科学者と政策立案者との対話の難しさ

うちの会社では、ランチの時に数多くのBBLが開催されます。今日は、気候変動のIPCCレポートについてのセッションに参加しました。

司会は、ミシガン大学の環境政策大学院の学長を休職(?)してきている人で、プレゼンターは、Climate InstituteというワシントンDCベースのシンクタンクの代表の人でした。長年、ローレンスラボ(国立の有名な研究所)で研究を行ってきた人のようで、ごりごりの科学者でした。

で、プレゼンは気象学のグラフや図のオンパレード。私は、大学院で勉強していたのでなんとか理解できましたが、正直うちの会社のスタッフが理解できたかというと厳しいのではないかと思います。

ワシントンをベースにして政策提言をしている機関の人であったにもかかわらずこんな結果だったので、純粋な科学者と政策決定者の間の意思疎通はかなり難しいなと思った一日でした。

| セミナー | 01時01分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。