2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【書籍紹介】図解 株式市場とM&A

久し振りにヒット!この本は面白い。

株式とM&Aを中心に、金融の幹(コアなコンセプト)について知ることができます。細かい枝葉については書かれていません。ですので、初めて金融について知りたい人にはお勧めです。

図解 株式市場とM&A (翔泳社・図解シリーズ)図解 株式市場とM&A (翔泳社・図解シリーズ)
(2005/07/22)
保田 隆明

商品詳細を見る


ADBでインターンをやっていた時から、金融の「き」の字を知ろうとし始めて、何冊か金融の入門書を買ったけれど、全く読み進めることができませんでした。なぜか?

イメージがわかない・・・

そう、デリバティブやらM&Aやら言われても正直意味が分かりませんでした。

しかし、本書は違う!

読者はカフェのオーナーになった気分で、銀行の融資から始まり、株式公開、M&A、敵対的買収までを実際に経験している様な気分になります。

主人公になりきるわけので、読み終えたときは正直ぽろっといきそうでした。

これで分かったことは、経営とは人生そのもんだなということです。M&Aのために何年も準備をかけてきたけれども、いざ実施する直前になって躊躇する経営者も多いと書かれています。

これは僕が今まで生きてきた中でもよく起こったことです。長年目指してきたものが手に入ろうとした途端、僕たちは「本当にこれを手に入れて大丈夫だろうか」と躊躇しがちです。それがM&Aという僕の日常からかけ離れていそうな部分でも起こると知れたことはとても新鮮でした。

以下のような詳しい専門用語についても、そのコアコンセプトを学べます。株価、株式価値、時価総額、所有割合、議決権、キャッシュフロー、内部留保、増資、持分比率、デュー・デリジェンス、ストックオプション、公開買付、敵対的買収などなど。

また、投資銀行からのアドバイザーの仕事の中身、醍醐味も登場人物を通して知ることができます。

社会人や近々社会人になる人で、金融はちょっと、という人、本書は絶対に「買い」です。
スポンサーサイト

| 書籍紹介 | 16時19分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今セメ目標にしていたこと

今学期の反省をするためにも、今更ながら今学期目標としていたことについて書こうかと思います。

1.英語力の向上
今更ながら何を言っているの?と思う人もいるかもしれません。なぜなら、英語を勉強しに留学しているのではなく、専門性を磨くために留学しているからです。

が、

はっきり言って、英語力がないと全然いい議論はできないし、書く文章もしょぼく見える。コミュニケーションの受け手が気のきいた人なら、発言や文章を「こんなことが言いたいんだろうなー」と推測してくれます。

が、

はっきり言って、他の留学生が出来ていると、そんなことを期待していると立ち遅れます。インド人は英語は当然できるし、学部生のころから留学している、東アジアの留学生もばりばり鍛えられている。そんな中にいると、英語が下手なのは目立つ・・・。

英語ができないと、TAのポジションも取りにくいし、例え取ったとしてもアメリカ人学生に「発音が悪くて何を言っているのか分からない」とボロコソ書かれて評価が低くなること間違いない。

さらには、英語で、読む・書く・聞く・話すをやっていると、思考するのも英語になります。

だから、英語力がないと、思考を深めることができない。うっすぺらーな、思考しかできないのです、低い英語力だと。

ちうわけで、英語力、特に単語力と英語の文章力向上を掲げていました。

2.専門力の向上
どうやって専門性が上がったかは分かりにくいので、わかりやすく成績が上位になることを目標にしていました。目指していたのはオールA。クラスでも上位3分の一に入ることでした。言い訳できないくらいやりこんだ上で、結果を出すことでした。


目標は、単純にシンプルにこの2つのみでした。

反省と成果はまた次回・・・

| 授業 | 23時53分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悔しいという気持ちはどうすればいいのか?

今学期の成績が返ってき始めた。

今のところ、残念ながら満足できるものではない。

もちろん、以前に比べて改善しているが、"so, so. not bad"では話にならない。
トップ、少なくともトップ集団に入る必要がある。

全力を尽くして、言い訳もできない状況で、成果が出なかったときはどうすればいいのだろうか?

もちろん、「敗因を分析して反省して、次に活かす」というのが常套手段なのだろうけれど、とても今は敗因の分析なんぞできないし、ましてや反省なんぞできず、途方に暮れる感じだ・・・。

手を出しつくしてしまった感すらする・・・。

しかも、「悔しい」という気持ちがある。

ライバルに負けて「悔しい」という気持ちだし、目標を達成できずに「悔しい」という気持ち。

そして、全力を尽くしてきたことを受け入れれば、自分が悪いわけでもなく、ましてや環境もそろっていれば、周りも責められない。

悔しい気持ちはどこにやったらいいのだろう。

| 独り言 | 17時05分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカという空気

なぜ、留学先としてアメリカを選んだのかと聞かれることが多いです。

理由は、もちろん、社会科学を学ぶならアメリカが進んでいると思った、とか、国際機関の本部があるからとか、理性的なものもあります。しかし、最終的には感情で選んだかと思います。

それに気がついた一日でした。

今日は、イギリスから出張に来た旧友に会いました。

友人は、博多っ子で、昨年はフィレンツェで、今年はマンチェスターで働いています。なので、ヨーロッパのお話が多く、アメリカと比較することができました。

なんとなく感じたのは、合衆国は欧州とは(そして極東とも)「空気」が違うということ。空気というのは、人の生き様であったり、コミュニケーションの総合体かもしれない。雰囲気といってもいいかもしれない。

アメリカにいると腹が立つことも多々あります。例えば、大学のことを大学の職員に聞いているにも関わらず、自分が知らないと”I don’t know”で済まして、他の人に聞いてまでは対応しようとしないなど、大学の職員の無責任さに切れたりもする。

しかし、アメリカの「空気」を特徴付けるものは、アメリカ人、そしてアメリカで生活を営む人には当事者という意識が根付いているということ。助け合いという感覚は少ないために、自分のことは自分で責任を持つ。要求するべきことは要求しないと、誰も自分のことを気遣って世話を焼いてくれることもない。そんな空気。

でも、当事者として自分のことは自己で解決しようという気持ちを持っていて、同時に社会のことも当事者として自分から変えていこうという気概がある。

例えば、同じプログラムの学生も、クリーンエネルギーのことを勉強していれば、家の省エネから始まり国家のエネルギー政策にいたるまで、耳にたこができるほど○○すべきだと主張し、そして自分でコンサル会社を立ち上げ住宅の省エネ改善のために、コンサルサービスを提供していたりする。正直、毎回同じ主張で他人の意見を聞かない姿勢には疲れることも多々ある。

しかし、このようなことを起こるのも、当事者として社会の中で自分のことや、自分が社会へどうアプローチするのかを決めるのは、家族や上司、ましてや国家ではなく、自己そのものであるという感覚が身についているからなのかもしれない。

また、知らないもの同士でも共有する時間を楽しもうという「空気」もある気がする。

今日地下鉄でトランペットを持って乗ってきた学生がいた。混雑しているので邪魔だと思う人もいたと思うが、ある乗客が「弾いてみろ」と言って、演奏し始めた。写真をとる人もいるので、みな好き勝手である。その学生も恥ずかしそうだ。

でも、なぜかその場の空気を楽しもうという心意気は共有されていて、ひとつの車両だったけれども異なった人生を歩む人たちは、一人の若者が生み出す音を通じて、ひとつの時間を共有して楽しんでいる。

これもアメリカの「空気」の一部を構成しているもののような気がした。みな人生の背景や生き方は異なっているけれども、一度一緒の時間をすごすときは楽しもうではないか、という「空気」。

私たちはひいきにしているレストランの理由を聞かれて、なんと答えるだろうか?

あのメニューのあの調理法がいいからという、論理的にグルメっ子の答えもあるかもしれないが、、「雰囲気がいい」からと答えることも多い気がする。

同じように、なぜアメリカがいいのかと聞かれると、奨学金が充実しているからとか、社会科学、特に公共政策学・経済学はアメリカが発達しているからとかという論理的な答えもあるけれども、究極は「アメリカの空気が好きだから」という答えになる気がする。

留学している人のブログを読んでいると、「うちの大学最高!」とか「アメリカ最高!」という感想も見かける気がする。

そんな洗脳にも近いけれども、所属コミュニティーを愛することができるようになるアメリカの「空気」も好きだ。

僕に「アメリカの空気が好き」と書かせる、アメリカの「空気」は興味深い。

| 独り言 | 18時33分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セメスター終了

先ほど最終のペーパーを提出して終了しました。

いや、毎度ながら今セメスターも死にそうだった・・・。

やったぜ!という達成感というよりは、終わった・・・という脱力感の方が強い。

長距離マラソン走って、かろうじてゴールしたって感じかな・・・。

| 授業 | 17時19分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ASEAN事務局長講義@イデアス

試験中のために、全く更新できません。てか、毎度ながら死んでいます・・・。
というわけで、休憩がてらさくっと、試験中のネットサーフィンで見つけたイデアスネタを。

ASEAN事務局長が講義をしたようです。てか、まじで?今まで、ADBやら欧州復興開発銀行やらの研究員が講義をすることはあっても、国際機関のトップがやることはなかったのでは!

どんな組織でも、そのトップとその他の人の話ではレベル(といっても質の違いではなくて、内容の違い)が全く違う!トップには明確なビジョンがあります。

トップから話を聞けるのは、正直極楽です。どんな小さな組織でも。

というわけで、現役生羨ましい~。詳細はこちら

しかし、個人的に気になったのは、こやつPhDをとっておる。しかも、天下のハーバードで・・・。やはり、PhDは必要か!?

| アジ研イデアス | 14時30分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【質問】イデアスは留学先を自由に選べますか?

質問が来たので共有しておきます。

『イデアス(アジ研開発スクール)に入学した後に、留学する際には自由に留学先を選ぶことができますか?また、志願先にすべて落ちた人はいますか?』

回答はイデアス時代のブログに掲載しました。

| アジ研イデアス | 13時38分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元気にできる人

この人と話すと元気になる、そんな人になりたい。

マニラでのルームメイト、スンミン。

彼の国籍は、韓国。韓国一の銀行、国民銀行に勤めていた。

現在は彼は、少数精鋭の教育でダートマスのタックとともに知られている、コーネル大学のジョンソンスクールでMBA取得を目指して頑張っている。

そんな彼と電話越しに話した。内容は簡単な内容で、テストがどうとかとか、イサカ(コーネル大学のあるニューヨーク州の田舎町)の大雪はどうかとか、内容は簡単なものだった。

でも、不思議と電話で話し後は、元気になった。

彼はADBでも皆から一目置かれた人物で、カリスマ性がある。だからなのかもしれないけれど、電話をかける前まで途方にくれていた、(彼とはまったく関係ない僕の)月曜日の自分のテストもできるような気になった。

ほんと、すごいやつだ。

見習いたい。

さー、あと少し、頑張ろう!

| 愉快な仲間達 | 10時49分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Is sustainable development feasible?

Is sustainabile development feasible?

今日は今学期最後の授業でした。

ジェフリー・サックスのゼミと、PhDの授業では同じ問いが学生に問われました。Earth Insituteの根本的な存在価値にも関わる問いで、教授陣も何度も議論を重ねてきたそうです。

で、授業での議論といえば、Sustainabilityひいてはdevelopmentの定義から始まり、議論は拡散はしますが、全くもって収束しませんでした。

当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。なぜなら、将来の世代にニーズを損ねることなく、現世代のニーズを求めることには、それに伴う不確実さが関わっているからです。

で、話は飛んで、developmentといえばこれまた難しい。どういう状態がdevelopしたと言えるのかという答えのない議論になりました。

僕は、developmentの目標は、人の数だけあるdevelopmentの目標を包容することのできるような社会の経済的、社会的、政治的、文化的な状態になることではないかと思いました。

どういった考え方があるかはまたの機会に書くとして、要するに自分のニーズも満たしつつ、他人のニーズも損なわないようにするのは大変だなと思ったわけです。例えば、僕が現在この様にうちの大学で学ぶことができているのも、他の誰かの機会を奪っているわけです。やっぱり、できたらその人にもチャンスを与えたい。要するに共存したいというわけです。

ましてや現代世代だけではなく時間を超えて将来世代のことまで考えそれを実現することは可能なのだろうか・・・、と途方にくれました。

そんな一日を過ごしたのですが、一日の最後にショックな出来事が。

家に帰ると、台所で動くものが・・・。

そう、先日ネズミが出たので(マンハッタンには腐るほどいる)、ネズミ捕りの粘着テープをルームメイトが仕掛けていたのです。

そう、それにかかっている。

しかも電気をつけたからそのチュー逃げようとしているのだけれど、年茶うテープが強力すぎて逃げれないのです。

最初はどう処理しようかと考えていたのですが、よく見ると手の平3分の一程度の大きさのチューなので結構かわいい目をしてこちらを見たりしている。

でも、結局家から離れた遠くまで捨てに行くことに。

しかし、いざビニール袋に入れて運んで捨てようとしたら、

そのチューも一生懸命粘着テープから逃げようとしている。

最初はそのまま放置しようかと思っていたのだけれど、だんだんその生きようとするチューに

「そうかやっぱり生きたいよね・・・」と思い始め、

「別にこのまま放置して死なすほど、俺らの利益は対立していないよな。」

と自ら納得してしまい、

「共存」の道はないかと考えてしまい、

木の棒ではがしてあげることに。

でも、ほんと粘着度が強すぎて離れないのです。

だんだん、がんばれとか言ってしまい、夜の歩道で格闘する始末。ここ数日4時間睡眠だったので、なぜか感極まって泣けてきた・・・

結局最後はシッポもはがしてあげたら、最初は動けなかったけれど、やがて歩けるようになって、とことこ(うちとは反対の←ここポイント)と歩道を歩いて消えていきました。

「あー、良かったー」

「がんばって生きろよー」

と、ホッとしました。

しかし、帰路につきながら、

「やっぱり、他の人(生物)の生存を脅かすに、生きることは難しいな」と思ってしまい、「共存・持続性・貧困をなくすことは可能なのだろうか?」

と、答えの出ない問いについて考える羽目に。

て、今の僕の状態は普通じゃないな・・・何やってるんやろ。てか、ペーパー書かんと。早く寝よ。

というか、ルームメイトに絶対に怒られる・・・

あっちなみにチューには触ってはいません・・・

| ニューヨークライフ | 23時03分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イデアス開発セミナーシリーズ@世銀東京オフィス

イデアスの開発問題セミナーが、世銀東京事務所で開催されます。

一回目は、「教育開発はなぜ必要か」で講師は早稲田大学教授の黒田一雄先生のようです。一回目ということは、今後とも続くと言うことでしょう。多分・・・

詳しくはこちら

略歴も載っていました。(旧)東京銀行、世界銀行アジア太平洋地域局コンサルタント、広島大学教育開発国際協力研究センターをへて現職。

2期生黒田先生とは、広島大学の際のインターン先に以前お勤めになっていた関係でよくお話をする機会があったり、イデアスの授業で講師として来てくださったり、進路選択の際にご相談に乗っていただくなどとても、御世話になっています。

興味のある方は参加されてはいかがでしょうか。

気に入った方はクリック↓

| アジ研イデアス | 18時22分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TOEFL受験

今更ながら、初めてIBTのTOEFLを受けましたが、見事に玉砕。
特にスピーキングは難しかったです・・・。
単なる英語力のみならず、思考の瞬発力なるような、反応の速さが求められています。
次回はしっかり対策をして受けようと思います。

| 英語 | 16時58分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【質問】イデアスに進学したのはなぜですか?

質問が来たのでこちらにも返答を載せておきます。

○○様

ご連絡いただきありがとうございます。

アジ研にした理由は、昔のブログにも書いていますが、

①日本で実績のある機関に行ってコネを作っておこうと思った。
②信頼する人たち(広島大学の教授や、アジ研卒の教授)が皆がアジ研を勧めてくれた。
③学校訪問をして、在学生と話して人柄が気に入った。

といったところでしょうか。

ジョージタウンの外交大学院と迷っていました。

ジョージタウンの外交大学院(MSFS)は、少人数のプログラムでかつ全米最古の国際関係の大学院なのでとても気に入っていました。またDCという土地柄も気に入っていました。しかし、人生のうち将来的にPhD課程に進みたいと考えていたので、MSFSの上に PhDがないのでやめました。あと、単純に学費をねん出できないので断念した面もあります。

これが、当時の理由です。

現在留学中考えると、ジョージタウンに直接行ってもよかったかもと思うこともあります。

現在はコロンビア大学にいますが、うちからみてもジョージタウンのプログラムはとても魅力的なプログラムでした。また、アジ研に行くことは、1年多めに学業に時間を費やすことになりますので、キャリア的にも、一年時間をかけるということは不利益な面もあります。

ただ、アジ研に行って一番良かったことは、10人の仲間ができたことです。

1年間四六時中一緒にいますので、とても連帯感が強まります。今でも世界中に散らばっていますが、時々お互いの就職相談や論文の相談をしています。会えば、近況報告や昔話に花が咲きます。

また、一度も会ったことのないOBもメールで質問をすれば丁寧に答えてくれます。先生方もとても懇切丁寧に教えてくれますし、お酒を交わすこともあります。授業のレベルは修士レベルと比べるとそれほど高くない気がしますが、人のつながりが濃く、熱心に取り組む仲間たちがいるのは心強いです。

以上。

気に入った方はクリック↓

| アジ研イデアス | 16時11分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

書籍年間売上一位

書籍売上年間一位って何の本だと思いますか?

まっ、結構想定内かと笑

| 書籍紹介 | 17時08分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グループワークのコツ

グループワークというものがアメリカの大学院にあります。グループワークとは、だいたい4-5名位でチームを組んで授業の課題をやることです。

これが結構難しい。

というのも、人によって働き方が違うからです。

例えば、ミーティングを短時間でぱっとやってあとは各自作業を分担してやる人もいれば、じっくり議論してメンバーみんな揃って同じ場所で作業をすることを好む人もいるからです。

また、効率性を重視する人もいれば、中身を重視する人もいたりします。

働き方のみならず、専門性も多様です。例えば、経済のバックグランドが強い人もいれば、気象学といった科学のバックグランドが強い人もいます。

要するに、メンバーによって自分の働き方も変えなければならなし、メンバーが僕に求めてくるスキルも違ってきます。

だいたいいつも、ばんばん意見を出してリードしていくことよりも、議論を外から見つつ、整理したりすることの方が得意なような気がします。

ここで自分の強みと弱みをしっかりと把握しておき、それをチーム結成時にめんばーになんとなく伝えておくことは重要な気がします。

そうすることで、メンバーの働き方や得意なことを把握する時間を短縮できるからです。

ちうわけで、これから留学を目指す人は、チームに所属した時に自分の得意なことや専門性、働き方は何かを、考えておくといいかと思います。

気に入った方はクリック↓

| 授業 | 17時53分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。