2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【書籍紹介】アフリカの新書

アフリカ本を読みました!

著者は、広大時代のインターン先であるCICEのファミリーの一員、山田肖子(現名古屋大学准教授)さんです。ちなみに、CICEとは、教育開発国際協力研究センターのことです。

本書の構成は、第1部で編者によってアフリカの経済、政治、社会、文化についての概説が行われています。また、第1部は第2部のインタビューの話をもとにしているので、本書のエッセンスは第1部につまっているとも言えます。

しかし、第2部も捨てがたいです。というのも、11名に及ぶアフリカ研究者の思い、人生の歩みが綴られているからです。

評価
ちなみに今回から、書籍紹介は星を付けることにしました。

本書は、星3つ星中だと、☆☆です。

☆☆☆:絶対お勧め買うべし。僕もずっと持ち続けて、また読み返したい。
☆☆:気になるなら買いましょう。僕も手元においておくけれども、読み返すことはないかもしれないレベル。
☆:なんかいい本ないかなーと探しているなら買ってもいいかも。僕は、読んだ後に中古本として売ります。

ちなみに、気に入らなかった本はここでは紹介しません。時間の無駄だから。結構ダメ本は多いですけれど・・・

気になった点
中でも気にいった点をいくつか。


1つ目は、援助する側の善意が必ずしもよい結果をもたらさないという指摘をしている舩田・クラーセン・さやか東京外国語大学准教授。

彼女は大学院中にモザンビークでのPKOミッションに参加し、国連の限界を感じます。外部者と援助というものに潜む問題(彼女が言うところの「援助する側の論理」)を、市役所の阪神大震災のボランティア調整役として関わった経験から解き明かしています。

「ボランティアを含め、一般市民もまた、援助される側の受け入れ能力や気持ちを考慮することなく、とにかく「善意」に基づいてどんどん踏み込んでくる、(中略) たとえば役場の前に積み上げられた援助物資はその象徴です。全国から善意で送られてくるのですが、数・質・日持ちの点で配布できるような物資はごくわずかでした。」


2点目は、アフリカ諸国の政府の統治能力が低い原因として、土地所有の概念が広まっていないという事実でした。

つまり、農業や商業にしても、定住することなく、行政区分や国境をまたいで放牧や交易を重ねているので、政府の財政基盤は確立されず、また政府の統治の必要性も低いことになっているのです。結果として、政府の統治能力の低さにつながります。


3点目は、アフリカの農業の生産性が高まらない社会経済的理由についてです。

日本や西欧の経済思想からすれば、アフリカの農民が農業の生産性を上げないことは不思議でならなかったのですが、本書で明らかになりました。

アフリカ農業では単作により生産性を上げることよりも、混作や人間関係の構築によってリスク分散を図る農業形態が好まれるそうです。

つまり、単作であれば、ある一種の害虫が発生すると壊滅的な打撃を受けるのですが、混作であれば其々の作物につく害虫も多種多様でそれぞれ抑制し合うので、収穫量に壊滅的な打撃を与えることはないそうです。

また、良好な言々関係を構築しておくことで、数年に一度直面する少雨に対応できるそうです。

*下の画像はアマゾンにつながります(ちなみにアマゾンでのカスタマーレビューも参考になるかも)
アフリカのいまを知ろう (岩波ジュニア新書)アフリカのいまを知ろう (岩波ジュニア新書)
(2008/03)
山田 肖子

商品詳細を見る


物足りなかった点
個人的に物足りなかった点もいくつかあります。

1つ目に、本書が、アフリカの今を「研究者の目を通して」知ることになっていた点です。

もちろん目次を見れば明らかだったのですが、やはり本書は研究者ならではの、「一歩引いて
長期的に関わる」重要性が強調されている気がします。

しかしながら、企業や行政(国際機関やJICA)であれば別の論理があるので、アフリカのいまを「企業」「行政」の視点から知りたかった気がします。


次に、その研究者が人類学者に偏っていた点です。

内訳は、経済学2人、政治学1人、文化人類学5人、国際関係学1人、医学1人でした。確かにその内訳は日本のアフリカ研究を反映しているのかもしれません。

しかしながら、アフリカにおいては「開発」は重要な課題であるので、経済学や社会学、政治学などの社会科学、公衆保健や教育などのソフト開発の分野など、「実践的な」社会科学の視点から検証してもよかったのではないかと感じました。

3点目に、アフリカの今を知るというタイトルから連想するのは、アフリカの様々なことを鳥瞰的に
知れる気がしますが、あくまでもアフリカの「研究」を知れるスタンスになっています。

インタビュー形式の部分は特に、「なぜその研究を志したのですか?」などアフリカを知るというよりは、アフリカの研究者・研究を知るような内容になっています。

結論としては、アフリカの今を、研究者の視点から、アフリカ好きの視点から知るのには面白い書です。

次回(本書を読んで自分の経験を振り返る編へ続く)

ちなみに、本書の後には↓とかいいかも。

アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書)アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書)
(2008/08)
松本 仁一

商品詳細を見る

スポンサーサイト

| 書籍紹介 | 15時15分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今学期のラインナップ

今学期受講する授業を最終決定しました。

履修登録期間であるここ2週間は、皆試しに色々な授業に出て「味見」をするので、ショッピングと呼ばれています。

で、10店余りのショッピングを経て最終決定した授業

[必須科目]
1. Managing Climate Risk(気候変動を社会科学的に見る)
2. Regional Climate and Climate Impact(気象学)

[選択科目]
1. Development and Management of Water System(工学大学院から)
2. Interdisciplinary Planning for Health(公衆衛生大学院と都市計画大学院から)
3. Environmental Finance(国際公共政策大学院から)
4. Environmental Politics, Policy and Management(国際公共政策大学院から)
5. Linear Algebra(学部の数学科から)

になりそうです!

てか、そもそも聴講科目まで出る余裕があるか不安ですが、専門職大学院(工学とか公共政策、公共衛生)の授業は、少数の授業をじっくりやるというよりは複数の授業を効率よくやりこなすことが重要そうなので、ウィスコンシン時代とは違ってちょっと多目に単位を履修しています。

今学期は応用科目中心ですが、ちなみに夏学期には3本立てで、

1.経済学特にマクロ経済学
2.数学、特に解析学
3. 自然科学、特に環境化学・水・毒物学、

と基礎科目を補強する予定です。

そして、今学期各科目で課されるレポートが修士論文の各章になる様に仕上げようという野望も立てています。

さてさてどうなることやら。

アカデミック面でも、キャリア面でも少しずつ結果が向上してきたので、この調子で頑張りたいです。

でも、今回気合を入れて授業も選んだし、先生にごりおしで取らせてもらった授業(公共政策大学院とか)あるので、期待に沿えるように結果を出していきたいです。

頑張ったとか最善を尽くすことも人生では大切ですが、目標はあくまでも「結果」で。

| 授業 | 07時59分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事大詰め

ここの仕事が大詰めです。

最後に来てようやく分かってきました。というか、自分の至らなさを痛感しています。
他の機関だけれど、DCからの示唆は、「うーん、さすが」です。

その人PhDを持っています。
底力の違いを見せつけられました。

てか、急いで仕上げよ。

| 気候変動 | 12時16分 | comments:2|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経営者の言葉

経営者はすごいと思います。

もちろん、経営者のすべての面を「崇拝」することは危険です。

しかし、努力して、好きなことを追及して、経営者として成功するということを通じて、生き方への深い洞察力を持っている点などは賞賛されるべきだと思います。例えば、人生でひとつのことを成し遂げるにはどうしたらいいか?と言った問いに対する答えとか。

また、組織のリーダーとして他の人間を動かしてきた経験も素晴らしいものがあります。人のモチベーションアップをするにはどうしたらいいかなど。

ここで最近見つけたいい言葉を。

「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」(京セラ稲盛和夫会長)

うーん、僕はまさに逆のことをしていました。

特に、楽観的に計画して、悲観的に実行していました。

楽観的に計画して、実行する段階になって計画のつめの甘さに気が付いたり、また、考えてばかりで悲観的になってしまいなかなか実行に移せない(でも意外と始めるとすんなり進む)ことが多々あります。

うーん、稲盛さんも言っているなんて、日々の過ごし方でみんな同じ癖があるのだな・・・。海外にいても、研究をしていても、人生の原理原則は同じなのだなと思わされます。

これから、悲観的に計画し、楽観的に実行しよう!

| 独り言 | 02時45分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

割引率とは

冬休みから引き続きここの研究に関連して、プロジェクト評価の作業をしています。

フィリピンのインフラ投資の費用・便益評価をしているのですが、そこで課題となるのが社会的割引率

理論的背景は理解できるのですが、実際どの値を使用すればいいのかが難しい。
日本だと国交省が公共投資では4%と数値を設定しています。

が、フィリピンの場合、途上国なので信頼あるソースを見つけるのがなかなかの骨の折れる作業なのです。
関係者から実際使用しているであろう値をもらったのですが、世界銀行の報告書のそれとは大きな乖離が・・

引き続きがんばります。

| 都市政策 | 13時00分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リンクを更新しました

リンクを更新しました。右下。

開発分野、留学している方で希望する方は、追加するので連絡ください。

| その他 | 12時04分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカンドリームはなぜアメリカなのか?

今日、コロンビアの近くの格安ピザ屋に行きました。

格安だと下町な雰囲気でいい感じを醸し出していると思われがちですが、アメリカだと違う!特に、マンハッタンだと。

日本だと、格安のよし牛でも接客はしっかりしていますが、マンハッタンでは、安い=質は低い、サービス低い、のです。

しかし、サービスが低いどころか今日のヒスパニック店員は、本当にあり得なくて、客にあたっていて、僕もどなられました。

「このイエローモンキーが!」という感じでお釣り投げたり、大声出したりしている。

しかも、明らかに白人以外の客にあたっている。

今日みたいなことは多々あって、こちらが「お客」なのに日本では考えられない「失礼さ」におったまげることが多々あります。

特に、貧困地区の郵便局・マクドナルドはその傾向が強い。小包も受取人の目の前で平気で投げたりするし。

まぁ、しばらくいるといちいち腹を立てていてもしょうがないので、気にしないようになりますが。

そこで、お金を払えばそれ相応のサービスが受けれるので、

「絶対にお金稼いで出世して、こんなやつにどなられるのやめよう」

と思うようになります。だって、お金を払ってわざわざ不機嫌にさせられるなんてほんとうにあり得ません。

貧乏で社会から虐げらる位なら、出世してお金を稼ごうという気にさせるわけです。

それがアメリカンドリームが生まれるひとつの原因ではないかなぁ。

| ニューヨークライフ | 14時04分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京で質問されたこと

東京で、学部生2人と、現役イデアス生に会いました。

で聞かれたことを徐々に応えていければと思います。

【イデアス生から】
・英語力を伸ばすにはどうしたらいいですか?
就職せずにPhDに進んだのはなぜですか?
・コロンビア大学だとインターンなどの機会は多いですか?
・インターンをこの夏にしたいのですがどのようにしたらいいですか?
・ADBでインターンをするにはどうしたらいいですか?
・世銀奨学金はどうやって合格しましたか?
・論文のトピックの絞り方はどうしたらいいですか?

【学部生から】
・経済学でPhDをとりたいのですが、将来的にどうしたらいいですか?
・イデアスに入りたいのですがどうしたら入れますか?

| キャリア | 23時24分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イデアス開発問題セミナー第2回

イデアス開発問題セミナーが世銀東京事務所で開催されます。

詳しくは昔のブログへ

| アジ研イデアス | 00時26分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近の動向

ここ最近の動向

3日:大連、仙台でそれぞれ働いている友人2人に会う

4日:大學時代のルームメイトの赤ちゃんを見に行く。笑い方がかわいくてびっくり

5日:家で色々

6日:広島へ移動。学生時代のシンポジウム関係の後輩に会う。もう4年生になっていてびっくり。あと、パプアから最近帰国した友人、広大時代の同期・後輩、YDP関係者と久しぶりの飲み会。友人がシエラレオネに留学決まっていて、お祝いしたい気分に。

7日:JICA研究所(旧JBIC開発金融研究所)での研究助手としての勤務開始。初日のミーティングで気合が入る。

8日:終日勤務

9日:終日勤務

10日:休暇

11日:ウィスコンシン時代の後輩と会う。イデアスを受けたいと言っていた。学部生の頃からボランティアをしていたり、論文をしっかり書いていたりして、自分の頃とのあまりの違いに感心する。

その後3時間英語試験受験。風邪のため、途中居眠りをしてしまう。ありえない。丸の内で、英国留学予定者に会う。応募書類の準備のよさにびっくりする。

夜は、国際交流基金JENESYS関係の日本人参加者の同窓会に。他の日程参加者とも会って、経験の多彩さにびっくりする。

| プライベート | 00時19分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【書籍紹介】平和構築関係‐国連競争試験を見据えて‐

新年早々ですが、平和構築関係の文献の紹介です。

お正月に地元の友人と会いました。国連競争試験の安全保障分野の選考が進んでいるので、話したいということでした。

で話題に上ったのが、どの本を読んで試験に臨んだらいいのかということ。

といわけで、そのリスト(3冊)です。リンク先はアマゾンです。

1.
変わりゆく国連PKOと紛争解決―平和創造と平和構築をつなぐ変わりゆく国連PKOと紛争解決―平和創造と平和構築をつなぐ
(2004/06)
上杉 勇司

商品詳細を見る


広島大学の時にお世話になった上杉勇司先生の著作。確か、博士課程論文を元に書かれたものだったと思います。上杉先生は、外務省の寺子屋事業も担当されています。本書は、国連PKOに関して、理論と実践のバランスのとれていると聞いています。平成16年度国際安全保障学会最優秀出版奨励賞(加藤賞)も受賞しています。

ちなみに、上記の寺子屋事業お勧めです。

2.
平和構築論―開発援助の新戦略 (勁草テキスト・セレクション)平和構築論―開発援助の新戦略 (勁草テキスト・セレクション)
(2007/04/19)
大門 毅

商品詳細を見る


個人的によさそうだなと思ったのがこれ。なぜなら、エコノミストが書いているからです。もうちょっと正確に書くと、著者は、JBICや世銀でも職務経験があるようでし、PhDも取得しているので、あたりはないかもしれないが、恐らくはずれる可能性は低いだろうと笑。中身は見たことないのでなんとも言えませんが・・・。

ただ、国連競争試験との関連で本書の面白い点は、平和構築と開発がリンクされている点です。平和構築の良書と言えば、

平和構築と法の支配―国際平和活動の理論的・機能的分析平和構築と法の支配―国際平和活動の理論的・機能的分析
(2003/11)
篠田 英朗

商品詳細を見る


がありますが、恐らく国連競争試験向けではないと思います。なぜなら理論が中心だから。

もちろん理論を知っていて困りません、というか理論を知らずして専門とは呼べませんが、何しろ試験の日付が近いのでこれを読み解く時間的余裕はないのではないかと思います。

話はそれましたが、国連競争試験では平和構築と開発はリンクされているものを読むべきではないかと。そしてよりケーススタディーなどに触れられているものがいいかと思います。

理論ではなく、ケースの勉強を!

3.
新しい平和構築論新しい平和構築論
(2005/03/14)
山田 満野本 啓介

商品詳細を見る


3年ほど前広島大学にいる際に専門外ですが興味から主催していた勉強会。そこで平和構築を専門とする院生の友人が勧めていました。中身をちらっと見たのですが、平和構築や安全保障の現場について俯瞰できる内容だった気がします。

国連など実務系の採用試験対策では、鳥瞰的な視点を持っていることを示しましょう!

結論ですが、僕は平和構築が専門ではないので上記の3書は「絶対に押し」とすることはできませんが、昔の興味から勉強していた時に見かけたり、ちらっと読んだりした本なので、「はずれはない」いい本だと思います。

ちなみに、国連大学(United Nations University)や国連各機関が出している報告書も参考になるかと思います。

| 書籍紹介 | 15時54分 | comments:1|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年の挨拶

明けましておめでとうございます!

ブログを拝見してくださっている知り合いの方々、年賀状やメールも送らず申し訳ございません。

年始は帰国していますが、JICAのお仕事や院のお仕事でドタバタしており連絡できておりません。
でも、元気にやっております。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

| プライベート | 15時46分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。