2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シニアポジションの方とランチ

今日はうちの会社の日本人の方でかなりシニアなポジションの方とお会いすることができました。とても刺激になりました。

今日教授してもらった点は、専門性(彼は自分の縄張りと言っていた)を確立して、顔を売れ、ということに尽きると思います。

たしかに、その言葉を聞くと一般的に言われていることかもしれませんが、今まで20数年間培ってこられた経験をもとに話をしていただいたので、どれも身にしみるお話ばかり。しかも、お話を聞いていると、自分もやれるような気になります。

学ぼうという姿勢が大切だということも痛感しました。これほど優秀な方なのに、そんな言葉が出るということは、凡人はより一層励む必要があると感じました。

明日からまた心機一転頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

| | 23時48分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国際機関への就職活動―カバーレターの基本―

カバーレターの書き方。

前回に引き続き、他の人から頼まれた際に気がついたことで、今回はカバーレターです。カバーレターは就職活動の際にはとても重要なものとみなされています。形式的なことに加えて、志望動機を書き、自己PRを書くことが多いのではないかと思います。

で、複数の人のカバーレターを見ていて気がついたのは、Why me?という売り込みはあるけれど、why 志望先(今回はUNDPということにします)?ということについて書いていない人が多いです。

つまり、自分は○○をやってきた。○○を勉強してきた、という売り込みは皆さんしっかりしますが、なぜUNDPがいいのか、といった点には触れていないのです。

自分のやりたいこと・キャリア目標があって、それを達成するには、UNDPがベストだ、という書き方をしなければならないのですが、きちんと自分の希望する分野でUNDPがどういった仕事をしているか調べていないと、何を書けばいいのか分からないことになってしまいます。

カバーレターは志望先へのラブレーターみたいなものですが、Why UNDPが抜けてしまうと、変なラブレターになってしまいます。なぜかというと、以下に自分がいいのか、ということだけを売り込んだナルシストの文章だからです。そうではなくて、志望先がなぜ自分にとっていいのか、についてきちんと書かないとバランスが取れないことになってしまいます。

| キャリア | 00時02分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CVの書き方(国際開発編)

最近は、大学院で学んでいる人から、CVを見てほしいと頼まれたり、仕事でも人を雇うのにCVを見ることがよくあるようになりました。

で、印象に残こるCVについて、自分のためにもメモをしておこうかと思います。

1.誤字脱字、書式の不一致がない
誤字脱字がない。いやー、これ意外に大切です。正直、誤字脱字ばかりだと、いくらカバーレターなどで「自分は、細かい仕事ができます。とか文章を書くのが得意です」とか言っても、信頼なしです。

で、書式も実は大切です。やっぱり、面接のときの第一印象が大切なように、CVもぱっと見た目が大切です。見やすい書式で書く。これは基本です。僕は、times new romanで書いています。

2.職歴や学歴の詳しい内容をきちんと書く
具体性にかけていると、正直何をやってきたのかさっぱり分かりません。あとありがちなのは、「所属部署がやった」ことをそのまま書いているもの。これもバツです。そのチームの中で、自分の役割は何だったのか書きましょう。

今日はこの辺で、あとから徐々に追加していきたいと思います。

| キャリア | 00時35分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インターンの時の上司をYで発見!

ふとしたことで、昔のインターン先の上司のビデオをYoutubeで発見しました。



彼の主張はいつも明快で、仕事もできるのでとても尊敬しています。ADBにもなかなかいないタイプではないかなと思います。彼の影響で、この分野に進んだことは確かです。

彼から推薦状をもらったのですが、推薦状のみならず、生き方への示唆も与えてくれたなぁと思いだし、今日は自分は色々な人に支えられて生きているのだなぁと再確認した一日でした。

| 愉快な仲間たち | 00時30分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。