2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

IFCが提供する金融サービス(自己勘定融資)

IFCという国際機関について勉強しようと思い、メモを書いています。IFCとは、世界銀行グループの中で、プライベートセクターを対象に融資を行っている機関のようです。

で、数回に分けてIFCが提供する金融サービスについてまとめていこうかと思います。間違っていたりする点があればご指摘頂けると幸いです。

第一回目は、自己勘定融資(Loans for IFC's Own Account)

------------------------------
1: 自己勘定融資(A ローン)
【償還期間・金利】
IFCは、開発途上国の民間セクター・プロジェクトに対して固定・変動金利の融資を自己勘定で実施。ローンの償還期間は通常、7年から12年。また、プロジェクトによっては、もっと長期の融資や据置期間を設けることができ、償還期間が20年に及んだ例もある。

IFC は商業ベースで運営されているため、IFCの投融資は営利目的のプロジェクトだけを対象とし、市場金利が適用される。

【融資対象】
①途上国の新企業と拡張プロジェクトの両方
②仲介役を務める銀行、リース会社、その他の金融機関

②は、顧客(多くは中小企業や特定のセクターに照準を合せた)への転貸を目的としたクレジットライン方式で融資)。こうしたクレジットライン方式の融資で実施される。

【拠出額の限度額】

①新規プロジェクトの場合:他の民間投資家の参加を促すため推定総コストの25%まで。(但し小型プロジェクトであれば35%までが認められることがある)

②拡張プロジェクトの場合:プロジェクトコストの50%まで。ただし、IFCの投資額がプロジェクトを実施する企業のキャピタリゼーション(自己資本+長期負債)の25%を超えてはならない。

③Aローンは 一般に100万ドルから1億ドルの範囲で行われている。

参照先(日本語):http://www.ifc.org/ifcext/tokyo.nsf/Content/IFC_Loans
参照先(英語):http://www.ifc.org/ifcext/about.nsf/Content/IFC_Loans
------------------------------------

感想は、意外ですね、コストの全額融資とかしないのですね。あと、キャピタリゼーションの25%以下ってのはサスティナブルな融資のように感じます。国際機関は、援助ばっかりというイメージでしたが、全く違う印象を受けました。
スポンサーサイト

| 用語・まめ知識 | 01時41分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

働いているとブログの更新が滞ることについて

全然話は変わるけれど、働いているとブログの更新の数が減るのは何でなのだろうか。

今まで留学している人のブログを読んでいて、その方々が就職して働き始めるとブログの更新回数が減るのを不思議に思っていた。で、自分は就職してもブログを更新していけるだろうと思っていた。

が、

実際働き始めると結構ブログを書けなくなっている自分に気がついた。そもそも、(前から薄っぺらいことしか書いていなかったのに)さらに内容が薄くなってきている気がする。

なぜだろうか?ひとつ考えられるのは、インプットとアウトプットの量だ。学生時代はやはり知識のインプットが多く、アウトプットは論文くらいだった。だから、アウトプットの機会に飢えていて、ブログに走る。一方、働いているとアウトプットばかりになってしまうので、アウトプットとみなせるブログの記事はその数が減っていくというわけだ。

| 独り言 | 00時18分 | comments:2|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CDMは中国に偏っているようだ

国連の専門機関である、国連気候変動枠組条約事務局のサイトで、クリーン開発メカニズム(CDM)のプロジェクトの実施サイトが地図にプロットされています。UNFCCCのサイトへ

これを見てわかるのは、断トツに中国とインドがプロジェクト数が多く、続いてブラジル、メキシコが多いという点です。アフリカはポツポツとしかありません。

CDMを実施する条件としては、大きく言って2つの基準があります。1つは、そのプロジェクトで温室効果ガスを削減できるか、もう1つは現地の持続可能な開発に寄与できるか、です。

現在のCDM体制への批判の一つとして、中国に偏りすぎているという点が頻繁に取り上げられます。このサイトを見ると、数のみならず、規模についても、大規模プロジェクトは中国にさらに偏っていることが分かります。

あ、でもその背景ってなんだろう。調べてみることにしました。知っている人教えてください。

| カーボンファイナンス | 00時36分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本のマスコミへの考え

日本の友達に聞くところによると、メディアは、生物多様性とか、温暖化対策も省エネ一辺倒とのことです。

それを聞いて思うことは、日本のメディア(特にテレビ局)は一貫性のない報道をしているのではないかという気がしてきます。

そもそも反権力がいいといった思想があって、時の偽政者をたたけばいいとか、とりあえず流行を追うのがいい、と思っていたりしたら恐ろしいです。

自分たちの視点や分析が、社会の多数者に支持されなければ、ひっこめるみたいな中途半端さを感じたりします。もう少し、一貫性のある視点を提供し続けてほしいと思っています。

って人任せなのはよくないですね。僕も積極的に報道を分析できる視点を身につけたいと思います。

| 社会・ニュース | 23時51分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本の世界銀行への出資比率

日本はお金も出せない国になったのだろうか?

4 月の世銀・IMFの合同開発会議で、出資比率(投票権に連動している)の歴史的改革が行われました。新興国・途上国の出資比率合計を、44%から47%に引き上げて、中国の出資比率も約3%から約4%に引き上げることを承認したのです。

結果、中国は、米国(16%)、日本(7%)に次ぐ第3位の出資国に浮上。日本は加盟国中で最大の下げ量になりました。詳しくは産経ビズの記事へ

僕は、これは事件だと思います。世銀の投票権は出資比率に連動しているので、今回の決定で、「日本は一番だまっていなさい」と言われたか、「日本は世界のことにはあまり興味がありません」と意思表明したことにならないかと危惧しているからです。

この背景が、そもそも日本が出資できなかったのか、また、国際政治の勢力争いに負けて出資したかったけれどもできなかったのかは、僕はまだ分かりません。

ただ、今まで「お金はだしていたけれども人を出さない」と言われてきた日本は、ついに人を送り出さないだけではなく、お金も出さなくなったとしたら歴史の転換点だなと私は思います。

もちろん、国内の財政は厳しいので、国際機関への出資を控えてでもお金を配分すべき国内問題があるという意見もあるかと思います。

資源の配分は常に難しいのですが、私は国際機関や国際情勢への窓口は開いていたほうが、日本のためになるのではないかと思っています。日本は貿易立国だからという意見は、ありきたりではあるけれども、妥当性があるようにも感じます。

それ以上に、国際機関への出資を、先進国が途上国への「施し」を行う援助という一面のみしか捉えていなかったとしたら、日本は道を踏み外すかもしれないと危惧しています。

続きは明日(多分)
続きはまた今度(2010年7月27日修正)

| 社会・ニュース | 00時09分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【質問】大学院/就職/海外ボランティア経験、どれをしようか迷っています

大学三年生から、タブにある「Q&A」に質問が来ていたので、掲示板に回答を載せています。

質問は、「卒業後に、大学院/就職/海外ボランティア経験どれをしようか迷っています」という趣旨です。

| キャリア | 01時05分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

将来のリーダーをどう見つけ出すのか?

将来リーダーになるヒトを今から見つけ出すのは難しいのか?

今日仕事をしていて気がついたのは、途上国の市町村でどういった人が将来リーダーになっていくのかぴんとこない、ということです。

今現在リーダーシップを発揮している人(市長とか)には会うチャンスはあるのですが、将来的なことを考えると10年、20年後に、リーダーになるような人のミッションを今支えていくのも大切な気がします。だから、将来のリーダーを探すことは価値あることだと思っています。

もちろん、自分が年をとって10年後とかに、今の自分の友人とか知り合いが成長して、その中から、「あー、こういう人がリーダーになるのだね」って分かるのかもしれないけれど、それでは遅い気もします。

なんで、上のようなことを考えるようになったかというと、政策とか開発とか言っても、究極は変革を起こせるヒトをどの位産出できるかで、その組織、自治体、国の運命が変わってくるのではないかと思い始めたからです。経済学とか政策学を少しかじって、国際機関でちょこっと働いているときに感じたことです。

そういえば、世銀の元副総裁の西水さんも、世銀の仕事は、融資を通じて、今のそして将来のリーダーたちを支援することだと、著書で書かれていた気がします。

| 開発 | 01時00分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワシントンDCで出会う人々-政策シンクタンク-

ワシントンDCでの楽しみの一つは様々な業界人に会えることです。

ひとつの大きなグループは、政策シンクタンクなどで、インターンや日本の企業や官公庁から出向で来られている方々です。民主党系のブルッキングス研究所、保守系のヘリテージ財団が有名ですが、日本人の方が多くの方が在籍しているのは戦略国際問題研究所(CSIS)です。小泉元首相の息子さんも働いていたそうです。

これらのシンクタンクは毎週と言っていいほど、学者や政府の役人を呼んで政策に関するセミナーを開催しています。私は業務中なのでまだ参加したことがありませんが、外部から参加されている方も結構いらっしゃるみたいです。時々は参加したいものです。

| DCライフ | 23時14分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マッキンゼーとアフリカ

今日はうちのオフィスで開催された、マッキンゼーの調査部門の方のセミナーに参加しました。

さすが、マッキンゼー!聴衆の入りも半端なく、お昼時のセミナーではありえない人の入りでした。うちは公的機関ですが、それでもマッキンゼー、ゴールドマンサックス、IBMなども業界のリーディング企業が言うことには社員も耳を傾けているようです。

アフリカの経済予測についての報告書を元に、アフリカの外国投資利益率が他の発展途上地域よりも高いこと、産業として消費財・農業・インフラ・天然資源関連産業が成長を牽引すること、また地域として全人口の40%である都市の消費者が長期的な成長に寄与すること、等を明らかにしています。詳しい報告書はこちら

戦略コンサルタント会社がこんな報告書をだすとは、欧米も戦略的に賢いなと思いました。

| セミナー | 22時46分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上司の仕事の仕方

うちの上司のお話です。彼は仕事の仕方が素晴らしい。博士号取得者で、民間と学界の経験があります。どの点で素晴らしいかというと、

1.仕事が速い
ただ速ければそれなりに誰にでもできますが、彼は的をはずさずに速い!ついさっきも、ミーティング前に、アジェンダのみならず、自分の意見もきちんと送ってきていました。日ごろは僕が管理している仕事で、あまりフォローしていないはずなのに、的を外さずやってくるあたりさすがです。

分もボランティア活動の時はやっていましたが、仕事となると構えてやらなかったりするので、今度からやろうと思います。仕事はリードしてやっていかないと、受身だとやられますからね。

2.「拡張」のための仕事をしている
表現が正しいか分かりませんが、守りだけの仕事ではなく、自分の範囲を広げるべく、新しい分野の人を巻き込み仕事を増やしていっています。国際機関では自分の守備範囲だけやる人もいますが、そうやって仕事を増やしていくのは大切だと思われます。

ちなみに、自分もボランティア活動などではそれは得意なのですが、仕事だと与えられた役割から自分の守備範囲を勝手に決めがちですが、それに閉じ込まず、積極的に仕事をやっていこうかと思います。こういう上司だと、積極的に動いたり提案することで叩かれることもないので、やりやすいです。

3.ユーモアがあって、慕われている
彼は最近入社したのですが、すでに事務の方々から信頼を得ています。先日事務の人たちの噂話の中で知ったのです(ちなみに別の人は文句を言われていた)。これはポイントで、事務の方々を下に見る専門職の方々は多いので、その人間性が際立ちます。また、事務の方たちに嫌われたら、うちでは生きていけません。仕事を後回しにされたり、放置されたりするので。

盗めるところは盗んでいきたいと思います。

| | 22時58分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国際機関と英語

国際機関って、それほど英語ができなくてもいいということに気がついてきました。

もちろん、ネイティブレベルという意味です。

大学院留学だと、マジョリティはネイティブなので、英語ができないことはものすごいハンディになりますし、そもそも、英語ができないだけで馬鹿にされるというか、下に見られることも多々あります。

ところが、国際機関だと、ノンネイティブがマジョリティなので、ある程度察してくれる文化が育っています。もちろん、話す英語と書く英語がイマイチだと、生き残りも大変ですが、なんというか、すらすら話さなくてもそれなりに聞いてくれるあたりいいです。

むしろ、心地よくすらあって、会社外に出るとつらいこともあります。

| 働き方 | 00時51分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

留学必須本・グッズ

以前のブログでは、これから公共政策や開発系の大学院に進学される方に向けて、日本を出る前に買っておくと便利な本をまとめました。

留学必須本リンク先はこちら

ただ、これに加えて最近痛感しているものは、小型のスキャナーです。これはめちゃくちゃ便利です。前のブログではこのスキャナについてのエントリーを書きました。

その後使っているのですが、とても便利です。最近は、仕事や勉強のために使ったプリント、セミナー等で配布された資料、読み終わって紙としては取っておくほどではない本、など全てスキャンしています。

便利な理由1
そもそも、簡単にスキャンできます。ソフトをインストールすれば、それ以後はボタン一つでスキャンしてくれます。片面両面、紙の上下の向き、等も自分で調整してくれます。

便利な理由2
あと持ち運びができます。これは大きい。最近はニューヨークまで持っていって、友人宅に置かせてもらっていた資料を全てスキャンして、その後廃棄しました。捨てる瞬間は、とてもすっきりでした笑。

便利な理由3

Adobe Professionalが内蔵しています。単体が購入すると1万円以上するものが無料で付属しているのは便利です。これで、スキャン後に文字認識をして、PDFの文章内検索できるようになりますし、PDFの書類に直接入力できるようになります。留学後にも間違いなく活躍します!!!

最新機も出ているようですね。

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
(2009/02/07)
富士通

商品詳細を見る

| 留学 | 00時19分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【番外編】このブログの人気エントリー

このブログは終了して新しいブログをやっていますが、このエントリーでは、本ブログで、人気だった記事、もしくは役に立つと思われる記事へのリンクを張っておこうかと思います。

1.授業の選び方シリーズ
『留学中受講する授業の選び方』:このエントリーでは、いくつかの基準を持って受講する授業の選び方について書きました。

『受講した理由シリーズ第一回~第3回』:上のエントリーで提示した基準に基づいて、どのようにして受講する授業を決めたかというケーススタディーです。

2.留学必須本・グッズシリーズ

政策系や開発系の留学に必須と思われる本たちを揃えました。
リンク先はこちら

特に、超小型高性能スキャナーはお勧めです。

| 未分類 | 00時03分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

将来開発業界で働くには、東大がいいかICUがいいか?

高校生3年生から質問が来ていました。

質問は、かいつまんで言うと、

「大学受験を控えて、今第一志望としては東京大学文科二類を志望しており、その後経済学部に進みたいと思っているのですが、併願校としてICUを考えています。ICUでは開発学を学びたいです。どっちが開発業界、特に国際機関で働くには有利ですか?」

です。

相談相手の方が高校3年生ということを念頭において以下に回答しておきます。

結論から言うと、学部の際には勉強したいものを学んでおくことが一番いいかと思います。ですので、東大でもICUでもどちらでも大丈夫です。

開発業界では、経済学をやっている人も重宝されますし、開発学を学んだ人も活躍しています。ですので、どちらの学問が有利ということはないです。向き不向きもあるかと思います。

もちろん、語学力をつけるにはICUのカリキュラムや環境のほうが向いているかもしれません。英語を集中的に学び、英語を道具して学んでいく環境は整っているかと思います。また、仰るように東大でもICUよりは少ないかも知れませんが、留学したりすることで語学力や海外での経験を自分で実力を養うことができるかと思います。

ちなみに、国際機関で働くには大学院を出ていることは必須です。経済学だと、博士課程まで行っておくといいと言われています。一方で、開発学などは修士号保持者が主です。

最後に個人的な意見を書いておくと(あなたの個人的な興味などを無視して)、大学の学部課程では、体系化された学問を学んでおいたほうが後から便利かもしれません(要するに今回であれば経済学)。なぜかというと、大学で体系化された学問を習得した上で、開発学のような学際的な学問を大学院で学んだほうが学習効果が高い気がするからです。(もちろん、今学部で学際的な勉強をしている人が困るということは全くないです。個人個人で異なりますので)


詳細な質問は以下に。

----------
コメントというよりは相談させていただきたいのですが・・・
今高校三年の者です。
大学受験を控えて、今第一志望としては東京大学文科二類を志望しており、その後経済学部に進みたいと思っているのですが、併願校としてICUを考 えています。東大に行き経済学部に行ったら、開発経済を学び、開発経済を学べる院に行きたいと考えていたのですが、もうすこし経済学だけにとらわれない開 発を学びたい気持ちもあります。ICUには開発学を学べる環境があり、外国語教育も充実しています。将来国際機関で働く際、大学院を出ていることは大事だ と聞いたので院には進みたいのですが、海外の院に進んだりすることも考慮すると、その前の大学の段階で、海外での実地経験や高い語学力が身に付いているこ とが大事だと思え、それには併願としているICUのほうが環境が整っているように思えています・・。海外での経験や語学力は自力で身につけることとし、経 済学をより学べる東京大学を第一志望としていた方がよいでしょうか・・?またそのまま開発経済を院でも学び続け、専門家になったほうが就職しやすいのか、 今の開発業界において、開発学を広くやっているよりは経済学に精通していたほうが有利なのかもできたら伺いたいです。
もう大学に入っているか卒業した方々に向けて記事を書かれていると思うので大変恐縮なのですが・・・回答頂けると嬉しいです。
乱文失礼しました。
--------------

| キャリア | 23時18分 | comments:4|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。