2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【書籍紹介】石油を読む-日経文庫-

久しぶりに本の紹介です。仕事ではエネルギーはメインではないですが、時々話に出てくるので勉強しておこうと思って軽い入門書として読みました。

ちなみに、今回は紹介というよりはメモになっています・・・。あと、今回はじめてイメージ写真を挿入してみました^^

石油を読む―地政学的発想を超えて (日経文庫)石油を読む―地政学的発想を超えて (日経文庫)
(2007/02)
藤 和彦

商品詳細を見る


本書は通商産業省・資源エネルギー庁などを経て内閣官房に勤める官僚が記した著作です。

最初に、一般的に言われている、石油市場の復習から始まります。中東やロシアや南米での石油情勢、商品ファンドが2008年10月まで続いた原油価格の高騰の背景にあるという指摘を述べます。

次に、伝統的な地政学の視点に基づいて石油を読んでいきます。中国の石油囲い込み外交に関して、新しい視点を提供します。国際石油市場で確保できるにもかかわらず二国間外交で石油を確保する理由を考察し、中国は欧米企業が主導する国際石油市場を警戒している点、2国間外交を通じて相手国への影響力の行使しようとしている点を指摘しています。一方で、利益確保面で疑問視される油田もあると述べています。

私個人的には、第3章が新しい視点の様に感じました。経済学の視点と工学の視点から
国際石油市場の性質を紐ほどいていきます。

巨額の投資を必要とするという性質。
油田採掘作業は巨額の投資を必要とし、また掘ったらでるかどうかという保証もないので投資リスクも高い。例えば、油田発見のためだけで数百億円かかるそうです。さらに発見した油田の開発に100億円から1000億円がかかるそうです。石油価格の低下は投資の低下を産み、投資の低下は生産能力の低下を呼び、数年遅れで石油供給の低下をまねくことになる。
タンカー

流動性が高いという性質。
輸送コストが非常に低く(原油価格の5%以下)、結果、タンカーで世界中に運ぶことができて、世界中どこでも同じ価格で、市場の再分配機能を有している。したがって、ある地域での石油の供給が不足したとしても、他地域からの石油の供給量があがる。ちなみに、天然ガスは石油と比較して輸送コストが高いので、世界単一市場ではなく、地域によって価格が異なるそうです。

プライスリーダーがいないという性質。メジャーとかOPECとかに石油市場は支配されていると思っていたので、これは意外でした。OPECもメジャーもプライスを支配できるシェアを有していないそうです。


価格の需要弾力性が小さいという性質。
価格の変動に対して、需要は変化しにくい。ということは、価格が上がったとしても需要は減らないので、結果投資額が増える。一方、価格が下がったとしても、需要は増えないので、生産者は収益を確保するために増産し、さらに価格の暴落を招く。また、初期投資額の巨額のため価格の下がったからと言って、生産減少のインセンティブは働きにくく、生産を続け、価格の減少に追い打ちをかける。

埋蔵量の把握が難しいという性質。
そもそも埋蔵量は一つ一つ油田を調査しなければならないが、それは先程述べたように巨額な投資が必要。また可採年数は、新規に発見された油田の埋蔵量+今までに発見されている油田の埋蔵量-消費量、だから、発見される埋蔵量が消費量を超えれば、可採年数は増えることになる。

確認可採埋蔵量とは、存在する確率が90%以上で、価格や技術、産油国の税制等の条件で、商業的に採掘が可能な油田の埋蔵量。もちろん、70%のものやそれ以下のものもある。

結論として、石油市場は、中長期的な予測は難しく、政策提言としてリスク分散の重要性を説いています。つまり、輸入地域、輸送手段、資源そのものを分散させることです。本書は、石油の代替商品として天然ガスを挙げています。
スポンサーサイト

| 書籍紹介 | 23時59分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国際機関の限界とその他のセクターと大切なこと(と私が思うこと)

途上国開発に対して、国際機関ができることは限られています。万能な機関なんてそもそもあるはずがないです。

国際機関は欠点もたくさんあります。メディアを通じて、官僚主義、前例踏襲主義、無駄な経費など、たくさん弊害があると聞いています。

また、同じように企業やNGO、途上国政府ができることも限られています。BOPが全ての問題を解決するはずもありません。

それは、日本政府が日本社会にできることは限られていていること、企業だけでも日本社会が豊かにならないことを考えるならば、当然です。

大切な事は、

全てのセクターを健全に発展させること、
現地の人たちの意思決定を尊重すること、
イニシアティブをとれる人をたくさん創ること、


だと私は思います。

これは、途上国でも日本社会でも当てはまることだと思っています。ですので、究極的には、途上国の問題に取り組むことと日本社会の問題に取り組むことは同じだと思っています。

| 独り言 | 00時29分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世銀奨学金の研修

以前受給していた、世銀奨学金の情報です。フルブライト奨学金は留学前・中研修とかあって、奨学生間の絆も強いのですが、世銀奨学金でもそのような機会が少ないですがあります。

1つ目に、1年に一度ラーニングの機会があります。全米の奨学生100名ほどを世銀本部に集め、確か2泊3日ほどのレクチャーやディスカッションを行ったと記憶しています。

意識の高い学生たちと交流でき、実り多い3日間でした。奨学金を受給しているということから、Sense of Communityみたいなものが醸成された気がします。

2つ目に、修了生にも1、2年後にフォローアップ研修があるようです。今年も募集のお知らせてきていました。


■関連エントリー■
ちなみに昔のブログでの世銀奨学金の情報はこちら
1. 第2巻の中(ウィスコンシン大学留学編)
2. 第3巻の中(コロンビア大学留学編)

| 世銀奨学金 | 15時28分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実務と研究の両立できる職種ってあるのか

やっぱり物事を知っているだけでは何にもならない気がします。

Mary Beardというイギリスの教授は、Action without study is fatal. Study without action is futile.(学習を伴わない行動は致命的である。行動を伴わない学習は無益である)と言ったそうですが、本当にそうだなと思います。

私は、知識だけだと面白いとは全く思わないし、正直虚しく感じることすらあります。だから、大学では理論よりも応用に近い分野を専攻しました。今の働いている組織も、行動だけはなく研究や「学習」も強いと見なされている組織です。

ただ、それでも職種で制限されてきます。いくら「アクション」を伴なう実務組織に居ても、職種によっては完璧に「机上の空論」みたいなことをやったりもするわけです。それにちょっと疑問を覚える自分がいることも確かです。

ひとりの人間が両方やるのって難しいのだろうかと思う今日この頃です。

| 独り言 | 01時03分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国際機関の若手スタッフに求められること

ずいぶん前にDCの国際機関のキャリア相談会に参加しました。その時にIFCのシニアの方が、国際機関で成功するのに求められる能力ということにコメントをしていました。

若手と中堅に分けてアドバイスを下さいました。

日本だと何なのでしょうか?若手だと、「ホウ・レン・ソウの徹底」とか「細部へのこだわり」とかになるのでしょうか。ちなみに、私も短かったですが日本の会社に在籍していた時には、その辺を徹底的に教え込まれました・・・

で、ちなみに今回挙げられた能力は、

若手だと、

「仕事が早い」、「仕事が丁寧」、「仕事が独創的」


でした。

中堅に対しては、

「経験を積む」(恐らく現場の経験や、マネジメントの経験、等色々を指すのではないかと思います)、「Networkを通じて解決策を考える」

でした。

日本のそれと共通している項目もありますが、面白いなぁと思ったのは、若手への「仕事が独創的」という点と、中堅に対しての解決をするのに「ネットワークを活用すべき」、という点があげられたことです。

なぜ独創的な仕事ができることが評価につながるのかということを、短い間ですが働いてきた期間を振り返ってみると、うちの組織だと前例も大切だけれども、それ以上にプロジェクトがいかに革新的(Innovative)であるかという点が評価される面があることからではないかと思います。

一方で、中堅層はネットワークを活用すべきというアドバイスは、欧米型組織では、知り合い同士が助けあうというか、インフォーマルな関係から仕事をするというか、そういういった面が強いからではないかと思います。その辺をうまく表現できないのですが・・・

なにはともあれ、上記の3点を心がけて仕事をしていきたいと思います。

| 働き方 | 20時38分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

08/10のツイートまとめ

SusDev_Update

プサンで開かれていたIPBES(生物多様性と生態系サービスに関する科学-政策政府間プラットフォーム)に関する協議で、生物多様性版IPCCとも呼ばれるIPBESの設立を勧告。機能は世界、地域、サブ地域レベルでの政策立案情報を盛り込むこと等。http://bit.ly/c4EWLs
08-10 14:50


| 未分類 | 07時54分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

08/09のツイートまとめ

SusDev_Update

反響呼ぶ生物多様性の経済価値分析-生態系と生物多様性の経済学(The economics of ecosystems & biodiversity)中間報告. 現状維持の場合の損失、生物多様性と貧困の関係、割引率の倫理性、の3つに焦点。http://bit.ly/dnSqtl
08-09 03:55


| 未分類 | 07時54分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

08/08のツイートまとめ

SusDev_Update

トヨタ自、中電など企業と豊田市が低炭素社会システムプロジェクトを開始。生活圏や地域単位でのエネルギー利用の最適化、低炭素交通システムの構築を通じ、CO2排出量の削減を狙う。家計と交通部門は国内で排出量削減が難しいと言われているため要注目。http://bit.ly/dwzrA5
08-08 05:28


| 未分類 | 07時51分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンガポールの政策

ワールドビジネスサテライトの特集を観ました。

海外での人争奪戦で、シンガポールとフィリピンが取り上げられていました。シンガポールは欧米のMBAの分校を誘致したり、幹部候補生の研修施設を作ったりしている施策が取り上げられていました。

日米両方のマスコミでは、最近シンガポールがよく注目を浴びている気がします。アジアで一人当たりGDP一位は、日本ではなくてシンガポールだったりします。ウィキでのランキング

税制度優遇措置や移民政策を活用し、金融政策で注目されているのではないかと理解していますが、で、日本でもシンガポールに負けるなーと言わんばかりの論調もあります。

個人的によく分からないのは、確かに都市政策としては模範となるかもしれないけれど、国レベルで参考になるのかという点です。

どうなんでしょうか・・・

ちなみに、WBSのリンク先の、日本郵船がフィリピンに大学?を設立して、船員を育成していた話は興味深かったです。

| 開発 | 01時15分 | comments:1|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【質問】国内と海外の大学院どちらがいいですか?

掲示板に下のような質問を頂いてので更新しました。

---------------
国内の大学院or海外の大学院

はじめまして。
いつもブログを拝見させていただいています。
私も進路相談のようになってしまうのですが、質問させてください。
私は現在大学4年生で、アメリカに一年留学していました。将来は国際開発分野、主に教育開発の道に進もうと考えています。就職としては、国際機関をはじめ、開発コンサルやNGOなど広く考えています。
現時点では、どちらにもapplyしようと考えていますが、実際に自分のキャリアにどう働いてくるのか、どちらが有利になってくるのかなど、いまいちピンと来ていません。
masahさんは日本と海外の大学院に行かれていたということで、それぞれのメリットやデメリットなどはありましたでしょうか。また国際機関で働くにあたっては、やはり海外大学院の方がいいのでしょうか。
----------------

| キャリア | 01時06分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。