PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サックス・スティグリッツ

コロンビアで開発を学ぶと言えば、この2人は欠かせません。

ジェフリー・サックス
ジョセフ・スティグリッツ

コロンビアの看板教授です。

ところが、特にサックスとEarth Instituteについて、いい評価をしない人もいます。

そんな人たちは、「サックスは研究はいまいちだし、earth instituteも何をやっているか分からない」

確かに、最近の研究では理論の研究はありませんし、第一彼のHPには論文リストもぱっと見当たりません。

しかし、彼の影響力は絶大です。

特に、教育という面においてです。

大学教授は、研究をやってなんぼの世界ですが、僕は教育も、評価の中でそれなりのウェートが置かれるべきだと考えます。研究:教育:社会貢献=4:3:3位ではないでしょうか。

そうすると、彼は教育・社会貢献の評価はずば抜けています。

来年からは、コロンビアに「持続可能な開発」が学部生のメジャーとして登場します。

また、多くのコロンビアの学生が、入学後に開発そして発展途上国に興味を持ちます。アメリカでは珍しいです。そして、卒業後、現場に行く人もいれば、NPOや国際機関、最近はやりの社会企業に就職する学生も多いのです。

ウィスコンシンや日本にいる頃と比べて、驚くべきことは、彼の話を聞いたり授業を聞くことで、学生そして教授陣も、「行動を起こせば、世界はよくなるはず」だと、洗脳されている点です。

確かに、なぜ先進国が他国の開発に関わるのかとか、そもそも世界の貧困問題は解決されるのかとか、対等な関係がうんぬんとか、行動の前に色々と考えてしまいます。これらの問いについて考えることは、開発に関わるうえで大切なステップですが、ここでつまずいたら、何もできません。

しかし、彼とコミュニケーションをとっていると、それがなくなります。やれる、という気になる、心のブレーキを外す感じです。

「有名教授は授業をしない」ということがよく言われますが、彼はそんなこともなく、きちんと先学期は3つの授業を担当し、きちんと来ていました。

安易に批判するのは簡単ですが、やはりこの世界も、「やってなんぼの世界」だと思います。

PS:今日パソコンメモリ増強したら、とても使いやすくなりました。もっと早くからやればよかった♪

| コロンビア大学 | 03時08分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://masah3.blog90.fc2.com/tb.php/120-2d594805

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。