PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悲しい現実

英語ができないというのは時にとてもストレスになります。

普段の会話はそれなりにできますし、ネイティブ達も、アクセントの入った変な英語に耳を傾けてくれます。

が、そうではない時もあります。

例その1:相手が超テンぱっているとき。

まぁ、もともと人はテンぱっていると他人の話を聞かない傾向があるかと思いますが、こちらが英語ができないと、話を聞いてくれない率は高まります。

一発目できちんと伝わらないと、急いでいる時は聞き返したりとかしてくれない。また、いらつかられることもしばしば。

例その2:時間の限られている間にチームの結論をださないといけない時。

例えば、10分間グループで話し合って!とかいう瞬間。ネイティブであってもしょぼい発言はスルーされますが、ノンネイティブが分からないことを言っても、スルー。もしくは話しすら振られない。あっという間に、結論へと持っていかれます。これは相当のストレス。

マイナス思考過ぎなのかもしれないけれど、言語が母国語ではないというのはそういうことなのかなぁと思います。

留学している人は、みんなどうしているのだろう・・・

僕の結論としては、この悔しさをばねに、英語を上達させるか、話の中身の質を上げるしかないのだろう(=専門性を深める。勉強・準備しておく)となりました。

| 英語 | 18時27分 | comments:4|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

Re: 悲しい現実

>英語ができないというのは「時に」とてもストレスになります。

「時に」ではなく「常に」です、私の場合……
昔サバイバル英語という授業が大学にありましたが、どこかで折り合いをつけて最低限生き抜くのに必要なレベルでなんとかやっていくしかないのでしょうね。そこに達するのも簡単ではないのでしょうが。

お互いがんばりましょう!

| shohei | 2009/04/24 00:24 | URL | ≫ EDIT

Re: 悲しい現実

しょへいさん

確かに、僕も「常に」ですね笑
学期末まであと少しがんばりましょう!
フィールド調査の奨学金もゲットされたようでおめでとうございます!

| masah | 2009/04/25 02:18 | URL |

Re: 悲しい現実

ディスカッションは大変ですよね。みんな好き放題言っていると思っていたら、いつのまにか結論が出来上がっているし。グループプレゼンなんかはまさにやっつけ仕事であり、彼らにとっては聞き手の注意を引きつける手段に過ぎないんじゃないでしょうか?論の展開云々は論文で勝負する、ってのが外人の定石パターンのような気がします。

| sanmu | 2009/04/25 06:36 | URL |

Re: 悲しい現実

sanmuさん
なるほど、確かにプレゼンと論文は使い分けている気がしなくもないです!でも、論文も先行研究をきちんとカバーしていることよりも、以下に自分の主張を説得的に語れるかが勝負なような気がします。

| masah | 2009/04/25 15:24 | URL |















非公開コメント

http://masah3.blog90.fc2.com/tb.php/125-cdd38fa9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。