PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

開発、人権、気候変動-健康の追求-パート1

相変わらず、直前でペーパーを作成しています。

今回は、開発・人権・気候変動という半期の授業。広大時代は、国際政治の先生にご指導をいただいていましたが、人権?という状態だったのでちょっと苦労しています。

下は、またもや。メモ。

---------------

将来の自然災害への対応策を練るときに必要となってくる視点は、将来の自然災害から最も被害を受ける人が誰かということを見分けることだ。

国際社会は、国際規約で、経済的、社会的、文化的権利を保障することを誓っている。ただ、実務レベルでそれが守られているとは言えないようだ。政策を練るときに必要となってくる基準は、効率性、効果性、公平性(3E)だが、果たして効率性を追求しつつも、公平性を追求することは可能なのだろうか。ただ、公平性というものは、効率性を追及する際に犠牲にしていい価値とはならないというのが、人権側からの主な論点な気がする。

例えば、WHOは人権と健康という視点からレポートを出版しているが、そこには、人権を追及することは健康につながり、また健康状態を改善することは、人々の人権の保障にもつながるという視点を提供している。しかしながら、具体的には、健康への権利、開発、気候変動という3種が交わるところではどのような課題があるのだろうか。

さらに、過去の公衆衛生分野での研究によると、アメリカの低所得者層の居住地区では、低所得者層やマイノリティの人権問題を解決することで、間接的にその地域の居住者の健康状態が改善したという研究も多い。

ひとつの大きな課題は、保健サービス・医療への公平なアクセスだろう。特に、途上国(アメリカ)では、医療サービスへのアクセスは、収入が大きな障害となっているようだ。その点、IDEASの同期が以前研究していた、「Advance market commitment」は発展途上国にも先進的な医薬品へのアクセスを与える意味でも興味深い。

また、開発を進めることは、結果的に人々の保健衛生状態を改善するのではないか。確かに、その際に、少数者やマージナライズされている人を取り込むことは必要な視点なのかもしれない。

-------------

多分、続く

| 気候変動 | 16時49分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://masah3.blog90.fc2.com/tb.php/144-6c98add0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。