PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【質問】一度学部を卒業して就職した方がいいですか?

アメリカに留学している学部生からの質問

「将来的に(開発業界か民間か就職先は決めておらず)アメリカの大学院に進学したいのですが、一度就職したほうがいいでしょうか?また、アメリカでの就職は難しいですか?」

【回答】(読者の方で、ほかの視点があればぜひ教えてください!)
お金の面でもですが、やはりキャリアの面で一度ご就職されるのがいいかと思います。ただ、それは大学院修了後に国際開発に進む場合であって、もしも日本の会社(結構外資系も)に就職したいようであれば、先に修士に進まれる方がいいかと思います。

というのは、やはり企業は年を気にしますし、概して前職での経験の方が大学院の専攻よりも、院修了後の就職活動への影響力が大きいように思うからです。


アメリカでの仕事の難しさは、職種や会社によるのではないでしょうか?市民権持っていますか?持っていればビザの心配がなくなるので採用されやすくなると思います。

お持ちでないと仮定して話を進めると、恐らく日系企業であれば比較的簡単だろうし、アメリカ企業の日本と関係のある部署もいけると思います。ただ、CPA等の資格や、会計ビジネス等の即戦力につながるような専攻の方が有利かもしれません。

アメリカ企業で日本と全然関係のない部署は、即戦力となれるかどうかが分け目かと思います。

1つは、語学がネイティブ並みに相当できる。少なくとも授業の中で議論したり意見を言ったりできる位ですね。

2つ目は、先ほどのようなCPAや会計系の知識がある。企業の立場に立ってみれば、使えるアメリカ人を採用した方が断然得かと思います。

| キャリア | 16時09分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://masah3.blog90.fc2.com/tb.php/15-682f413e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。