PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アメリカ人に負けない英語力をつける

どこの世界でもそうかと思いますが、開発の世界だと、人物の評価は、以下の要素で決まると僕は思っています。

1.人柄
2.専門性
3.コミュニケーション力・チームワーク力


で、だいたいどこの機関も、採用の際には上のような能力を評価すると募集要項に書いています。(人柄とは書いてありませんが、面接をする際に「こいつと一緒に働けるか」という視点で見ているそうなので・・・)

ちなみに、JICAは以下の6つの能力が必須だと言っています。『国際協力人材に求められる6つの資質と能力』

1.分野・課題専門力
2.総合マネジメント力
3.問題発見・調査分析力
4.コミュニケーション力
5.援助関連知識・経験
6.地域関連知識・経験

専門知識を伸ばすのはもちろんですが、正直

英語ができないと

お話になりません。で、どの位できないとダメかというと、「アメリカ人に語学力が足りないことが原因で反論される」そんなことが起きないレベル位までは持っていきたい。

なぜかというと、今は結構何を言っているのこれ?と言われることもあります。

確かに、ようやく授業のペーパーだとそれなりの評価(A)はもらえるようになっています。教授に改善点を聞きに行っても、「いいと思うよ」という反応を頂きます。それはあくまでも「授業」。

が、実は自分の英語力は

しょぼかった

と思い知らせれる瞬間があります。

それは、

教授や上司の仕事のドラフト


を作った時。

そうなると彼らも真剣です。なぜかというと、自分の評価になるから。

その時は、本当に細部まで詰めてきますが、その時に自分がいかに英語で書く能力がないかを思い知らせれます・・・・

というわけで、ここしばらく(2年位?)は

「アメリカ人に突っ込まれない英語力」

をつけることが目標になりそうです。

| 英語 | 01時27分 | comments:2|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑

極めて役所的な仕事ですが、幹部のステートメントを作成する際に、自分の作文に上司が修正を入れて、更にその幹部がそれに修正を入れたり(没にしたり)します。

重要なものであればあるほど、英語として自然な表現というだけでなく、「自分なりの言い回し」「自分ならこう説明する」みたいなくせや好みみたいなところにも目配せをするという側面もあるんだと思います。

いずれにせよ英語の勉強になるんでしょうね。

| とむ | 2009/08/24 09:08 | URL |

とむさん>
そうなのですね!申し分のない英語でも、相手の方のくせや好みなどで、筆を入れられることがあるのですね・・・。なるほど!
勉強になります。

| masah | 2009/08/24 09:47 | URL |















非公開コメント

http://masah3.blog90.fc2.com/tb.php/201-eea6911b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。