PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリーン開発メカニズムの本を読んでみました

カーボン・マーケット、特にクリーン開発メカニズムの本を読みました。

カーボン・マーケットとCDM―どうとらえ、どう使いこなす?カーボン・マーケットとCDM―どうとらえ、どう使いこなす?
(2009/04/08)
「環境・持続社会」研究センター

商品詳細をアマゾンで見る


先学期、カーボンファイナンスの授業(有名な講師だったけれど忘れた)を取ろうとして結局取らなかったので、とても興味深く読めました。

感想はまた書きますが、このメカニズム根本的にうまくいくのか不安です。なぜかというと、クリーン開発メカニズムを通じて生じた、温暖化効果ガスの削減量は最終的には国連の理事会が決定して初めて有効なお金になるらしいのです。

でも、

まだ詳しくは知りませんが、

これって手続きものすごく細かくてなかなか進みそうにない気がしませんか?

まぁもちろん、削減されていないのに削減されたことになっている「悪貨」がでてしまったら、「良貨」を駆逐してしまいますが、でも世界中のプロジェクトを最終的には理事会がGOサインだすなんて、非効率にもほどがあるような・・・。

民間の会社とかに委託すればいいのにねー。と思うけれど、そうはいかないのか?うーん、勉強が必要です。

↓↓励みになるのでクリックお願いします↓↓


| 気候変動 | 23時10分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://masah3.blog90.fc2.com/tb.php/232-7e9a9696

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。