PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

公共機関と民間企業の違い(マイナス編)

今働いている会社は、俗に言う公共機関です。以前は、民間企業に勤めていたのでその違いに大きく驚くことがあります。(当然所属した機関は、国が違うとか、其々一社しか所属していないという限界があるので、一般化するのは難しい面も多いです)。

今回は、マイナスと考えている内容を書こうかと思います。

1.ミスの突っ込み具合が激しい

民間企業でもありましたが、それ程度は大きい気がします。私というよりは、周りを見ていて気が付きましたが、ミスというか相手につきいる隙を与えないことは、働くうえでとても大切です。ですので、そつなくこなせる人は、意外に出世すると思われます。

2.失敗するよりも、何もしない方がいい

日本の民間企業でもそういう面はありましたが、その傾向は今の会社の方が強い気がします。前の会社であれば、チャレンジングな分野に挑戦して失敗しても、「やってみよう」という姿勢を評価されていたところがありました。一方、今の会社でも、チャレンジングなことに挑戦することは歓迎されますが、その際でも失敗は許されない、という雰囲気を感じます。

3.前例は大切である

前のプロジェクトがどうしていたのか、ということを知ることは、仕事をするうえでとても大切です。前例のないことをすることは、ルールがあっていたとしても歓迎されません。

と、書いてきて思いましたが、まぁ、其々関係し合っていますよね。前例通りにやれば失敗しない、失敗するとものすごく評価が下がるので、何もしないようになる、そんな様になっている気がします。

| 働き方 | 01時07分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://masah3.blog90.fc2.com/tb.php/257-2b855b70

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。