PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国際機関への就職活動―カバーレターの基本―

カバーレターの書き方。

前回に引き続き、他の人から頼まれた際に気がついたことで、今回はカバーレターです。カバーレターは就職活動の際にはとても重要なものとみなされています。形式的なことに加えて、志望動機を書き、自己PRを書くことが多いのではないかと思います。

で、複数の人のカバーレターを見ていて気がついたのは、Why me?という売り込みはあるけれど、why 志望先(今回はUNDPということにします)?ということについて書いていない人が多いです。

つまり、自分は○○をやってきた。○○を勉強してきた、という売り込みは皆さんしっかりしますが、なぜUNDPがいいのか、といった点には触れていないのです。

自分のやりたいこと・キャリア目標があって、それを達成するには、UNDPがベストだ、という書き方をしなければならないのですが、きちんと自分の希望する分野でUNDPがどういった仕事をしているか調べていないと、何を書けばいいのか分からないことになってしまいます。

カバーレターは志望先へのラブレーターみたいなものですが、Why UNDPが抜けてしまうと、変なラブレターになってしまいます。なぜかというと、以下に自分がいいのか、ということだけを売り込んだナルシストの文章だからです。そうではなくて、志望先がなぜ自分にとっていいのか、についてきちんと書かないとバランスが取れないことになってしまいます。

| キャリア | 00時02分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://masah3.blog90.fc2.com/tb.php/264-0b9bc808

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。