PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トランプ大統領、アメリカの価値観、共同体

トランプ大統領が、7カ国の出身者の入国を一時的に禁じる大統領令に署名したことで、それらの国の人は、ビザを持っていても入国が難しくなっているようだ。さらに、それに反対する市民のデモも全米で起きている、とニュースは伝える。



うちの大学のキャンパスでもデモが起きている。さらに、Facebookなどソーシャルメディアを見ても、反対の声を上げる人は多い。よくよく見ると、自分のFacebookが外国人の割合が多いことは確かだけれども、アメリカ人と同じくらい外国人も声をあげている。オバマからトランプに変わっただけで、こんなにも社会の雰囲気は変わるのか、とショックを覚えてる(メディアの伝え方も影響しているだろうが)。

また、今日、研究室のアメリカ人が「多様性飲み会(Diversity Happy Hour)」なるものを企画して、多様性を尊重しようという主旨で、皆で近くのバーに飲みに行った。そこでは、外国人、外国生まれのアメリカ人、アメリカ生まれのアメリカ人が、現在起こっていることについて議論した。

日本で同じことが起きるか?
社会で起きていること、キャンパスで起きていること、そして今日のバーで話したこと、それらをみてふと思うのは、外国人とアメリカ人が(比較的)自由に議論する風土だ。もちろん、ニューヨークというリベラルな街の、さらにリベラルな大学にいるという事実が影響しているかもしれない。しかし、それを差っ引いても、日本で同じことが起きた際に、外国人と大学に所属している日本人が同じ内容で、同じ課題に共通な意見をもち行動することになる可能性は高くないかもしれない。

アメリカで市民・国民をまとめあげてきたもの
そう考えると、ニューヨークにいる人をつなげているものは、国籍や民族ではなく、自由や平等という価値観なのかもしれない。そのような価値観が多くの人を海外から引きつけて来たし、多民族国家であるアメリカをまとめあげてきたのだろう。それが今なくなるかもしれない、僕の同僚のアメリカ生まれのアメリカ人たちも危機感を覚えているのかもしれない。

日本の移民難民政策
今まであったものがなくなるのは分かりやすいので人は反対の声をあげやすい。一方で、今までなければ、それが表面にでることはないので、社会全体で問題視されることは少ないだろう。そうなっているのが、日本の難民や移民の問題ではないかと思う。現在、アメリカで起こっていることだけが問題なのではない。日本が実施してきた政策についても、同じ批判的な視点から検証していくべき時なのではないだろうか。

(飲み会のあとに書いたので支離滅裂かもしれません・・・)


*正確に言うと、審査のプロセス自体は、ブッシュ息子大統領の時に作られて、オバマ政権でも引き継がれたもので、トランプはそのプロセスの審査の厳格化を提案しただけのようだ。(参照先:ロイター2月5日報道、コラム:実は新しくない、トランプ大統領の入国制限令 http://bit.ly/2kwiTKG, 2月5日追記)

| 独り言 | 23時08分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://masah3.blog90.fc2.com/tb.php/339-f8fac1fb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。