PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

英語のレッスンを開始

ついにかねてからの願望だった、英語の発音、英会話の文法レッスンを始めました!

レッスンといっても、アイルランド人の友人と、日本語と交換でやっているだけですが・・・

今日は初回だったのですが、お互いやりたいことを確認しました。というのも、この様なランゲッジエクスチェンジは、おしゃべり会で終わってしまうことも多いのではないかと思ったからです。

で、僕が学びたいことは、

1)発音とアクセントの矯正

授業や打ち合わせでせっかく話しても、相手が「えっ」と耳を傾けて注意深く聞いてくれないと、自分の意思が伝わらないことがよくあります。それでは絶対に損だなと。

だって、会議とか授業で、いい意見を言っても、しょぼい発音と幼稚な単語と文の構成のせいで、「こいつ訳わかんねぇー」とか、「幼稚」に思われていることがしばしばあるはずだからです。

「そんなことないよ、みんな分かってくれるよ」
と性善説を信じたいところですが、僕は他の留学生が強いアクセントで、文法もめちゃくちゃで話しているのを聞いて、

「こいつ、まじ意味分からん」と思ってしまいます。そして、「こいつはできないに違いない」、いつの間にか烙印を押してかけている自分がいることに気がつきます。

やっぱり、ネイティブと対等にやっていくには、きちんと発音とアクセントを矯正しないときつい。もちろん英語力だけが重要ではないけれど・・・

2)スラングの習得
先生の英語とかCNNの英語とかは分かるけれど、映画、学生の日常会話でのスラングには手を焼いています。

今までは「スラングの英会話とかできるよりも、高尚な英語ができたほうがいいんだよ」と、大学院生や教授が使用するような英単語や表現を学んできました。でも、時々教授もスラング使うし、スラングも分かったほうがいいだろうと最近思うようになってきました。

ところが、「高尚」な英語と違って、スラングは経済学の教科書にはでてきません。ちうわけで、今までなかなか学ぶ機会がなったのです。で、今回のせっかくだから機会を利用してスラングを身につけようということに。

3)スピーチの習得
発音矯正、スピーキングの会話力向上の手段なのですが、スピーチを読み上げることにしました。そして、間違った発音を彼に指摘してもらうことに。

実は、ここ最近スピーチをマスターしたいと思っていました。というのも、オバマのスピーチを生で聞いたり、アップルの創業者スティーブン・ジョブズのスピーチをYou Tubeで聞いて思ったのですが、他人を説得して行動に移してもらうには、スピーチはかなり有効だと。

オバマは、過去の大統領や偉人たちのスピーチを何度も真似し練習をしたそうです。そして、至る所に過去のフレーズが使われています。というわけで、スピーチ力を身につけることにもつながるので、発音矯正、英会話力向上のためにスピーチを使うことにしました。

| 英語 | 21時45分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://masah3.blog90.fc2.com/tb.php/86-4b86d527

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。