PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

多読or少読

多読もしくは少読はどちらがいいのだろうか?

勝間和代のフレームワーク速読・多読術!

最近の書籍を見ていると、多読を勧める本が多い気がします。例えば、今売れっ子の(通称)経済評論家さんの本を本屋で立ち読みした時には、「本を読むときには線などを引かずに、沢山読め。読んだ本は売れ」と書いてあった気がします。

僕は、新書であっても、線を引いたり、書き込みをして読む本が多いので、そんな本を本屋で見かけると、ちょっと不安になったり、おかしいなと感じていました。

で、「多読ばかりがお勧めではない」というブログの記事(注1)を見かけて、「あーよかった」とほっとしました。

ちなみに、多読or少読どちらがよいかは、自己の経験を振り返ると本を読むときの目的に分けて使い分けるべきだと僕は思います。というか、読んで自分の中に残らないと意味がないと思います。たくさん読んでるけれど、右から左に抜けてしまったら意味がない。

線を引いたりしないで読める本は、内容が簡単で(時に薄い)ことが多いです。そういう本は、読んでもあんまり役に立たない。そんな本は自分には合わないんだと思うようにしています。

むしろ、線を引いたりせずにさらっと読まざるを得ない本について考えると、その様な本は、業界の知識を幅広く得たいとか、先行研究を幅広く得たいという時に読む本だと思います。

一方、線を引いたり、書き込みをしたりして読む本は、内容が深く、思考を拡張できる本が多い気がします。

思考を拡張できるというのは、実際に書いてあることから、自己の経験や他の知識に照らし合わせて、色々と考えをめぐらすことのできるという意味です。そしてできたら、自分の行動や発言に読んで知識やスキルを反映させていきたい。

というわけで、少読は、ある特定の知識を深く知りたいときや、本を読むことで何か新しい思考や行動をしたいときにお勧めではないかと思います。

上のように、僕が本をじっくり読むことを大切に考えるのは、本を読むことは人と出会うことと同じように様に感じるからかもしれません。

著者と直接話す機会がないので、本を介して話す。そんな風に捉えるようにしています。

業界本のような、何か知識を得るために読むような本は、著者に本を介してその業界知識を教わっている。スキル本であれば、何か得たいスキルがあって、本を介して、相談に乗ってもらっている。小説であっても、本を介して物語を聞かせてもらっている。

そんな気がします。

だから、多読を目標にするってのは、多くの人に会うことを目標にすることだと思います。もちろんそれが大切なこともあると思います。しかし、じっくり向き合って話す人も大切ではないかと思います。


注1:以下の記事より(生命保険 立ち上げ日誌より)
「これからは、「何10冊読んだ」というインプットよりも、「読んで、自分は~をした」というアウトプットで、成果を図ろうよ。(中略)10冊読もうが、100冊読もうが、それがアクションに結びつかないのであれば、自己満足の域を超えていない。他方で、1冊しか読んでいなくとも、それをもとに一つでも具体的なアクションを起こすことができれば、それは大きな成果というべきである。だからこそ、ビジネス本を読むときは何となく読み流すのではなく、常に"so what? what does it mean for me?"と問い続け、そこで語られているメッセージがいまの自分にとってどのような意味をもつのか、明日からの行動をどのように変えていくのか、絶えず問い続けるべきではないか?(中略)だからこそ、ビジネス本を読むときは「何を教えてくれるのかな~」と、テレビを見るときのような受動的な姿勢ではなく、「いまの自分にとって、どのようなことを引き出すことができるのだろう」という能動的な姿勢で、かつ自分自身も手と頭を使いながら、必死に頭をひねって、本にたくさんの書き込みでもしながら、読むべきだと思う。」

その著書↓
超凡思考超凡思考
(2009/02/10)
岩瀬 大輔伊藤 真

商品詳細をamazon.co.jpで見る

| 研究スキル | 23時53分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://masah3.blog90.fc2.com/tb.php/88-fd075f0a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。