PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-)|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世銀奨学金フォーラムシリーズ第2回-評価項目‐

世銀奨学金フォーラムシリーズ第2回は、「奨学金選考の際の評価項目」です。

世銀の奨学金担当部署のトップの人とたまたまディナーの席が一緒だったので、他の参加者と一緒に選考プロセスについて聞きまくりました笑

で、評価項目は

1.Academic Potential (30%)
2. Professional Experience (40%)
3. Relevance to development (30%)

だそうです。

だから、推薦状・エッセイで以上のことを意識して書いておくといいかと思います。特に、エッセイで、3のrelevanceを重視しておくといいと言っていました。その担当者は、「なぜ今修士号なのか?」「なぜ今開発をやりたいのか」ということを、過去から将来への流れの中で、位置づけろと言っていました。

まぁ、出願書類でやることですよね。でも、ここで大切なのは、「なぜ途上国開発か」いう問いですね。

世銀でのキャリア本@amazon.co.jp

| 世界銀行奨学金 | 23時51分 | comments:0|このエントリーを含むはてなブックマーク|trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://masah3.blog90.fc2.com/tb.php/95-759d05f8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。